体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ
野菜は保存が難しく、すぐに傷んでしまうのが悩みの種でもあります。
特に一人暮らしだと野菜を摂りたくても、保存や調理が手間で購入を控えてしまう人も中にはいらっしゃるのでは?

そんな方におすすめしたいのが、冷凍野菜です。

今回は栄養士の横川先生に冷凍野菜のメリットや、冷凍野菜を活用したレシピを解説していただきました。

野菜冷凍のメリット

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ

保存期間が延びる

生の野菜よりも保存が2週間から1カ月と長く効くため、1人暮らしやなかなか買い物にいけない方に便利。

節約

旬の野菜など、安い時に買っておくことで節約に。

時短

冷凍したものの方が火の通りがよくなるため、料理時間の短縮、また味が染み込みやすくなるメリットもあります。

量の調整がしやすい

前もって調理に合わせてカットしておく使いたい量だけ取り出せ、家庭の残飯の減少にも。

旨味がUP

きのこ類は冷凍することで旨味がアップします。

栄養価が保たれる

使わない野菜をそのまま冷蔵庫に保管しておくなら、冷凍した方が劣化のスピードがダウン。(100分の1ほど遅くなるとも言われています)

野菜冷凍のデメリット

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ

食感がなくなる

一度冷凍すると、解凍時に繊維が破壊されるため、生野菜の食感が無くなり、軟らかくなってしまいます

香りが弱くなる

三つ葉など香りを楽しむ野菜は、生の時よりも香りが少なくなります。

栄養素が少なくなる

下処理で加熱・茹でることでビタミンなどが流出、更に、茹でてから凍るまでに時間がかかってしまうのでその間に栄養素がどんどん減っていきます。

冷凍に適している野菜

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ

トマト

カットして、そのまま冷凍できます。また、丸々冷凍し、すりおろしてトマトソースに使うのもおすすめです。

たまねぎ

ストックしておくと、あっという間に芽がでていることも。スライスしてそのまま凍らせるだけで料理にも幅広く使える食材です。

※細かく切りすぎると、食感が残りにくいため注意

ほうれん草

アクが強いのでさっと茹でてから冷凍しましょう。ほうれん草は、シナシナになりやすいため、冷凍することで、いつでも使いやすくなります。

ネギ

みじん切りにして冷凍しておけば、味噌汁やスープにも直ぐに使えて便利。また長ネギを長いまま2、3等分にするだけで保存しても包丁で簡単に切れるのもメリットです。

ブロッコリー

小房に切ってそのまま、茹でてからとどちらでも冷凍に向く野菜です。お弁当にも使いやすい野菜なので冷凍して常備しておくと良いでしょう。

冷凍に適していない野菜

冷凍して良い野菜の見分け方は?体が喜ぶ冷凍野菜のメリット6つ
基本的に水分繊維が多い野菜は冷凍には不向きです。臭みが強くなるだけでなく食感が悪くなります。

特に以下の野菜が冷凍には不向きとして挙げられます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。