体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

痛みがぐんと楽に!生理痛を和らげる3つの簡単ストレッチ

痛みがぐんと楽に!生理痛を和らげる3つの簡単ストレッチ
多くの女性が経験する「生理痛」。痛みがひどくて、一定周期でやってくる生理のころになると憂うつになってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな悩める女性に、自宅で簡単にできて、薬にも頼らずにすむ対処法を紹介します。

体勢やストレッチをするだけで生理痛を和らげることができる方法です。早速見ていきましょう。

お腹や腰が痛くなる生理痛の原因とは?

痛みがぐんと楽に!生理痛を和らげる3つの簡単ストレッチ
生理痛といっても、原因はさまざまです。その中でも、代表的な「プロスタグランジン」の大量放出と、血の巡りが悪くなることによる骨盤内の「うっ血」について解説したいと思います。

プロスタグランジンの過剰分泌

「プロスタグランジン」とは、女性ホルモンの一種で、子宮を収縮させて、経血を体の外へ排出しようとする働きがあります。

この「プロスタグランジン」が過剰に分泌されてしまうことで、子宮の収縮も激しくなり、痛みを感じるのです。

また、このプロスタグランジンは、頭痛や腰痛といった子宮収縮以外の痛みも誘発します。

血行が悪くなることによる骨盤内のうっ血

「うっ血」とは、血液がたまった状態のことです。血の巡りが悪くなることで、骨盤内に血液やプロスタグランジンが滞ってしまい、強い痛みを感じます。

このうっ血は、特に女性に多く見られる「冷え性」も関係しています。体が冷えることで、血液の循環が悪くなり、骨盤内がうっ血しやすくなるからです。

生理痛がつらいときなどは、特に下半身を冷やさないようにブランケットをかけたり、おへその下あたりをカイロで温めたり、足を湯たんぽや足湯などでしっかりと体を温めてあげましょう。

生理痛が和らぐ体勢があるってホント?

痛みがぐんと楽に!生理痛を和らげる3つの簡単ストレッチ
生理痛の痛みを和らげるには、子宮周辺の腹部をしっかりと温めて、血流を良くすることが大切です。

ストレッチや運動などで体を動かしたりするのが効果的ですが、動くことが難しいときもあります。そんな時は無理せず、体を休めてあげましょう。

横になるのが良いですが、できないときは、腹部を冷やさないように注意し、立ったままや座ったままの状態が長時間続かないように気をつけましょう。

もし、横になることができるのであれば、次のような体勢になると楽になります。

体を丸める

イメージとしては、生まれてくる赤ちゃんがお腹の中にいるときのような姿勢です。お腹に湯たんぽなどを抱えて横になるとより効果的です。

湯たんぽがなければ、温めたペットボトルでも代用できます。

うつ伏せ

うつ伏せになることで、腹部に体の重さが加わり、温めることができるため、生理痛が和らぐことがあります。

体を丸める姿勢と同じように、うつ伏せになった腹部にカイロなどを挟むとしっかりと温めることができます。

ストレッチが生理痛に効果的な理由とは?

痛みがぐんと楽に!生理痛を和らげる3つの簡単ストレッチ
「生理痛なのにストレッチ? 」と思われる方がいるかも知れませんが、実は深く関係しているのです。

生理痛の原因のひとつとして、血行不良があります。冷え性で悩む女性が多いことから、この血液の巡りが悪いというケースでひどい生理痛になっている方も少なくないのです。

血行不良を改善するには適度な運動が効果的ですが、忙しくて動をする時間を割くことができません。そんな時に、手軽にできるストレッチが有効なのです。

自宅で簡単にできるという点が一番のメリットで、ストレッチをすることで筋肉をゆるめ、血行を良くすることができます。血行が良くなれば、全身へ血液が巡り、栄養も運ばれ、体を温めることになるのです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy