ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン、子供の頃に重度の不安障害だった事を明かす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン、子供の頃に重度の不安障害だった事を明かす

エマ・ストーンが、先日公開されたインタビュー映像で、子供の頃、重度の不安障害であったことを明かした。当時は家の外に出ることも、普通の暮らしを送ることも考えられなかったという。

「子供の頃は、家の外に出たり、一人で行動できるようになるなんて考えられませんでした。分離不安はこれからも私につきまとう問題で、今でも発作的に起きることがあります。特に、精神が不安定なときに起きると、この不安が一生続くように思うこともありますが、そんなことはないのです」と、彼女は語っている。

エマ・ストーンが自身の不安障害について語るビデオは以下のURLからどうぞ。
https://speakupforkids.org/story/emma-stone/

このビデオは、子供のメンタルヘルスをサポートするNPO「チャイルド・マインド・インスティテュート」のキャンペーンの一環で公開されたものだ。メンタル面の問題について有名人に語ってもらう、この「Speak Up for Kids(子供たちのために話そう)」キャンペーンを主催するハロルド・S・コプルウィックツ博士によれば、米国の1,700万人の子供がメンタル面の問題や学習障害といった困難を抱えているという。

博士は「この問題について特別視することをやめれば、人々の考え方も変わるでしょう。子供たちが抱える問題が、現実的で一般的で対処可能なものであることを理解するのです」と『ピープル』誌に語っている。”決して一人ではない”ということを子供たちに知ってもらうことが大事なのだそうだ。

5月からスタートしたこのキャンペーンでは、元水泳選手のマイケル・フェルプスや俳優のジェシー・アイゼンバーグもビデオを公開している。

エマ・ストーンといえば『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したばかり。彼女は自身のセラピストと、「ごく普通の、エキサイティングで活気にあふれた生活」が送れるようになるために、何年も続けている療法に感謝しているという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン、子供の頃に重度の不安障害だった事を明かす

イヴァンカ・トランプ、困惑する引越先の近隣住民に菓子折りを持って挨拶回り

ツイッター民「どこにヘビがいるか分かる?」→意外な難問に苦戦する人が続出!

ツイッターに投稿されたサッカー少女の家族写真が物議を醸す

ウィリアム王子とキャサリン妃、ジョージ王子を毎朝自分たちで幼稚園へ送り届けることを計画中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。