体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リラックマ御朱印帳』かわいい御朱印帳を持って神社で御朱印をいただいてみた!

神社やお寺にご参拝した際、その証としていただけるのが「御朱印(ごしゅいん)」。近年、その御朱印をいただくために神社仏閣を訪れる「御朱印めぐり」が静かなブームとなっている。そんな折、御朱印帳ブランドのホーリーホックから、かわいいデザインの『リラックマ御朱印帳』が登場した。これは御朱印めぐりがいっそう楽しくなるだろうと思い、神社に参拝して御朱印をいただいてきた!

神主さんにも確認! 正式な御朱印帳と同一のありがたみがあるので心配ご無用

御朱印帳を製造販売する専門店・ホーリーホックを展開する合同会社チップスリーズ EC事業部(三重県松阪市)から発売された『リラックマ御朱印帳』(H160×W110mm・2枚合わせ蛇腹タイプ表裏48ページ・希望小売価格 税抜2,000円・発売中)は、全12種類での展開。おなじみのリラックマやコリラックマ、キイロイトリなどが可愛らしいデザインだ。

 

ちなみに記者は、もともと神社仏閣を訪れたら御朱印をいただくことにしている。

 

通常の御朱印帳はこんな感じ。購入したのは伊勢神宮。当然ながら、御朱印の1、2ページ目には伊勢神宮の内宮(ないぐう)、外宮(げくう)の御朱印が並ぶ。実は、これは後述する御朱印のお作法に則ったものであるのだ。

「リラックマ御朱印帳」と並べて比較してみる。

御朱印帳を製造販売しているメーカーだけに、寸分たがわぬサイズ感。実際に御朱印を押すページの紙質も、ほとんど違いがなかった。ありがたさは同一なのだ。

 

それでは、さっそく神社にGO!
まずは四谷の須賀神社に向かった。JR信濃町駅を下車し、歩いて向かう。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会