ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『月刊ポップティーン』4月号にももクロ登場と思った?残念!コスプレでした!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『月刊ポップティーン』といえば、女子高生から大学生を中心に人気のファッション誌。渋谷系のギャルスタイルが強いというイメージですが、最近では甘めのガーリーからナチュラル系までカバーしており、くみっきーこと舟山久美子さんをはじめ登場するモデルにも注目が集まっています。

GAL’s POP – 月刊ポップティーン公式サイト

http://www.galspop.jp/

そんな『ポップティーン』、2012年3月1日発売の最新号をぱらぱらとめくっていて手が止まったのは149ページ。
「ももクロふりつけでやせるZ!!」と大きく書かれたページに、ももいろクローバーZファンならおなじみ、レッド・パープル・グリーン・イエロー・ピンクの『Z伝説~終わりなき革命~』の戦隊衣装…。
でも、よく見ると、ももクロ本人たちではなく、廣瀬麻伊さんら5人のモデルが扮したコスプレでした。残念! いや、「かなこぉよりもMaiちゃんの方がかわいい!」という方もいるかもしれませんね。

記事では、ももクロZの激しいダンスがダイエットになりそう、ということで、『Z伝説』のほか、『行くぜっ!怪盗少女』『D’の純情』『ピンキージョーンズ』の4曲の振り付けが紹介されています。「ウエスト・脚・二のうで・背中…、全部できれば全身ヤセ決定!」、だそうです。
ほかにも、Zポーズは「背筋を伸ばしておなかに力を入れて全身に力を入れるのがコツ」、ガニ股で腰を落としてコマネチする登場シーンは「脚にもかなり負担がかかるよ!」と紹介。
そして、タワーや扇などのステージパフォーマンスについて触れ、「友だちとできる組み体操を考えて決めポーズをつくっちゃえ!」と勧めています。

いずれにしても、このような特集が組まれるようになったのは、男性ファンだけでなく女子からも、ももクロが認められてきた証拠といえそうです。
もしかしたら、いずれ本人たちが『ポップティーン』に登場することもあるかもしれません。ファンならずとも期待です!

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。