ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今話題の新しい働き方「リモートワーク」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今話題の新しい働き方「リモートワーク」って?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「iction! QUOTE OF THE DAY」。5月2日の放送では、オフィスを持たない働き方「リモートワーク」に注目。働く環境の「選択肢」について考えました。

辞書アプリが高い評価を受けている株式会社物書堂は、社員全員が自宅や好きな場所で仕事をする「完全リモートワーク」を実現しています。社員が直接会わずに仕事を進めていくコツはどこにあるのかを社長の廣瀬則仁さんに伺いました。

「自分も含め、とにかくストレスなく仕事をしてもらうことを、どう合理的に追求していくかだと思います。自分の部屋で勝手に仕事をするスタイルが一番ストレスがないという訳ではなく、時間の管理が出来ない人は逆に仕事が進まないということもあり得ると思います。幸いウチのメンバーはきちっと出来るので、不安になったりすることがないように、週1回のミーティングでお互いをフォローしてやっていけば、自分の時間を上手く使いながら仕事もやっていくことが実現できるのではないのかなと思います」(廣瀬さん、以下同)

仕事は社員の能力を信用してプロジェクトごとに任せ、進捗状況の確認や大局的なアドバイスをオンラインミーティングで行います。自分の仕事の管理を社員自身で行うことがストレスの軽減につながっているのだそうです。

廣瀬さんいわく、物書堂としての仕事をリモートワークで進めて行く上でもう一つ大切な要素があるそうです。

「物書堂の正社員であるということが、仕事の安定の上で、ひとつストレスがないと思うので、フリーランスではなく社員としてやってもらっています。会社のブランドの下で仕事をする責任は持ってもらいたいので、自覚を持って仕事をしてもらうためにも、きちんと社員として採用しています」

働く場所や時間などの束縛から解放することで、ストレスの無い仕事環境を作り、またスタッフを正社員として雇うことで、仕事に対する責任感が生まれ、結果的に製品のクオリティが自然と上がっていく。「リモートワーク」が生み出したストレスフリーの仕事環境には、個々の社員のストレスを取り除く工夫が隠されていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。