ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまうと思うとちょっと切なくて、そこにどうしようもなく惹かれてしまう。

これは、世界の様々なトラベルスポットをシャボン玉に映した「World in a Bubble」というプロジェクト。眺めていると、まるで知らない世界を旅するようなワクワクした気分になるんです。

360度の景色が輝く

「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

人々で賑わうポーランドの「ネプチューンの噴水」。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

球体の中で絶景が広がる「ガイランゲルフィヨルド」は、ノルウェーの世界遺産。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

ポーランドのグダニスクにある「オールドタウン」は、不思議な色合いに。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

ニューヨークの「タイムズスクエア」は、シャボン玉の中でもキラキラと輝き続ける。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

虹色に包まれる「ブロードウェイ」は、別の世界のよう。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

デンマークの「コペンハーゲンの風車」は、グルグルと泡の中を回っているみたい。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

太陽の光が柔らかく包み込むベルリンの「ブランデンブルク門」。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

迷宮への入り口のような「Dimmick Memorial Library」という、アメリカの図書館。「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

アメリカで活躍するフォトグラファーTom Stormさんによるこのシリーズ。初めて撮影したのは、アイルランドの「ゴールウェイ」という都市だったそうです。そこから、様々な景色をどのくらいシャボン玉に反映できるかという「探求の旅」がスタートしました。

彼の撮った景色の美しさはもちろん、ふわふわ浮かぶ泡の世界は、すぐに消えてしまうところも魅力的です。Licensed material used with permission by Thomas Storm

関連記事リンク(外部サイト)

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる
「食べられるシャボン玉」で、泡パーティーなんて楽しそう♡
割れないシャボン玉を「ランプ」で実現!虹色のプリズム光にうっとり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。