ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ザ・チェインスモーカーズ、米ビルボード・ソング・チャート1年間連続TOP10ランクインの偉業

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ザ・チェインスモーカーズ、米ビルボード・ソング・チャート1年間連続TOP10ランクインの偉業

 ザ・チェインスモーカーズがコールドプレイとコラボレーションした曲「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」が、2017年5月13日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で前週の8位から6位に上昇し、これにより彼らは52週連続、つまり丸1年途切れることなく曲がTOP10入りし続けるという偉業を成し遂げた。

関連画像

 彼らの快進撃は2016年5月21日付のチャートから始まった。この1年の間にTOP10入りした楽曲は「ドント・レット・ミー・ダウンfeat.デイヤ」(ピークは3位)、「クローサーfeat.ホールジー」(1位を12週マーク)、「パリ」(ピークは6位)、そして「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」(ピークは3位)の4曲だ。

 彼らの記録の上を行くのはケイティ・ペリーしかおらず、他に1年連続してTOP10入りし続けたアーティストはいない。1958年8月4日から始まった“Hot 100”チャートの歴史で、最も長く連続してTOP10にとどまったアーティストの上位5組は以下の通りだ。

◎米ビルボード・ソング・チャート連続TOP10記録保持者
(週数、アーティスト名、時期)
69週、ケイティ・ペリー、2010年~2011年
52週、ザ・チェインスモーカーズ、2016年~2017年
51週、ドレイク、2015年~2016年
48週、エイス・オブ・ベイス、1993年~1994年
46週、リアーナ、2010年~2011年

 また「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」は、現在米ビルボード・ラジオ・ソング・チャートでも3位をマークしており、これはコールドプレイにとってラジオ・ソング・チャート最高位となった(これまでは2008年の「Viva La Vida/美しき生命」の8位が最高だった)。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・チェインスモーカーズが堂々の1位、ペンタトニックス/ジョーイ・バッドアス/ファーザー・ジョン・ミスティがTOP10初登場
【Chart insight of insight】日本でも大ブレイクするのか?! ザ・チェインスモーカーズの大躍進
ザ・チェインスモーカーズ、デビューALを全曲解説

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。