ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

音楽情報アプリ「TYPICA」が大幅リニューアル、Apple MusicとSpotifyにも対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
音楽情報アプリ「TYPICA」が大幅リニューアル、Apple MusicとSpotifyにも対応

Spincoasterは、5月2日よりiOSスマートフォン向け音楽情報アプリ 「TYPICA(ティピカ)」の最新アップデート「TYPICA Ver.2」をApp Storeからリリースした。

ロゴ、デザイン、UIを一新したほか、Apple Music、Spotifyの音源にも対応する。配信コンテンツに埋め込まれているSoundcloud、Apple Music、Spotify、YouTube動画の情報を取得し、アプリ内でシームレスに再生、管理することができるようになった。

<主なアップデート内容>
1. デザインを大幅リニューアルしてより使いやすく
デザインを使いやすいように大幅に変更し、ロゴ、ブランドカラーを多様性を表現するようにカラフルにしました。
アプリアイコンも可愛くなりました。是非、iPhoneのホーム画面の目立つ場所に。

3. Apple Music, Spotifyへの対応
Apple Music, Spotifyの曲が再生できるようになりました。
それぞれのサービスのコンテンツで以下の機能も利用できます。

4. 記事で紹介されているプレイリストの再生
TYPICAに登録されているメディアが紹介したプレイリストもアプリ内でチェック、再生できるようになりました。
Apple MusicのプレイリストはApple Musicのライブラリに追加ができ、SpotifyのプレイリストはSpotifyでフォローをTYPICAのアプリ内からできます。

5. 注目の曲のランキングの追加
TYPICAに登録されているメディアが紹介した回数が多い順に、曲のランキングを表示しています。
音楽メディアに注目されている曲のチェックにご活用ください。

6. マイチャンネル機能がタイムライン機能に変更
マイチャンネル機能の呼び名が変わりました。フォローしたチャンネルの記事をチェックすることができます。

ダウンロード(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1121965400
または、App Storeのサイトで、「TYPICA」または「ティピカ」で検索。

TYPICA製品サイト
http://www.typica.mu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。