ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ラジカセやコンポが高音質&ブルートゥーススピーカーとして蘇るスティック「OKARA oh.1」発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ラジカセやコンポが高音質&ブルートゥーススピーカーとして蘇るスティック「OKARA oh.1」発売

キッコサウンドが、刺すだけで押し入れに眠っているラジカセやコンポ、スピーカーを最新オーディオにするスティック「OKARA oh.1」のクラウドファンディングをMakuakeでスタートした。

「OKARA oh.1」は、プロジェクト公開からわずか30時間で目標金額を達成した話題の製品。現在もサポーターを募集しているが、既に目標金額の230%を超える支援金が集まっている。

使い方はとてもシンプルで、スティックをUSB電源に接続し、ステレオMiniケーブルでオーディオ機器と接続して、スマートフォンのBluetooth設定でペアリングするだけ。コンパクトながら20Hz〜20KHzまでフラットな周波数特性を実現している。

製品には高品質な木材を使用しており、パドック、メープル、けやき、ウォールナットの4種類をラインナップ。11工程をかけて丁寧に加工した継ぎ目のない美しい外観となっている。

現在Makuakeでは、「OKARA oh.1」(無垢材モデル)を一般販売予定価格7,000円の20%オフで購入できる<5,600円(税込)コース>、同17%オフで購入できる<5,810円(税込)コース>、同4個セットを29%オフで購入できる<19,900円(税込)コース>の申し込みを受け付けている。製品は7月中旬の配送予定。※写真左のプレミアムモデルは完売

キッコサウンドは、浜松の楽器メーカー出身技術者、デザイナーを中心メンバーとする スタートアップ。「テクノロジーで演奏・音楽をもっと楽しくする」という精神で、世界に先駆けた商品を作ることに情熱を燃やしている。最近では、再生した楽曲の歌詞を表示する話題のスピーカー、リリックスピーカーの開発にも携わっている。

愛用オーディオ機器がスマホ対応に!OKARA oh.1で高音質ブルートゥース接続|Makuake
https://www.makuake.com/project/okara-oh1/

製品概要
「OKARA oh.1」
Bluetooth仕様:Bluetooth Ver 4.2準拠
Bluetoothプロファイル:A2DP
対応コーデック:AAC / aptX / aptX Low Latency
登録可能台数:最大8台
伝送距離:最大10メートル
電源/入力電圧:USB/5V
外装:ウォールナット無垢木材オイル仕上げ / ピアノ鏡面塗装(プレミアム仕様)
端子:ステレオミニジャック(TRS 3.5mm)/ USB タイプ A
LEDインジケーター:緑 x 1 / 赤 x 1
スイッチ:なし
オペアンプ:Linear Technology社 LT1723 / Linear Technology社 LT6203(プレミアム仕様)
外寸法(W/D/H):32.0 x 44.0 x 15.0 mm
付属品:本体、取扱説明書
製造国:日本(静岡県浜松市)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。