体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手仕事でしか生まれえない作品と大量生産。相反する価値を同時に提案するーーKOSUKE KAWAMURA EXHIBITION “FACTORY”

kosukekawamura

「工場」と名の付いた本展は、これまでハサミやカッター、そしてコピー機やシュレッダー等を用いて様々なコラージュ作品を生み出してきた河村康輔の手仕事を読み取れる内容となっており、今回の為に作られた新作はもちろんのこと、旧作と呼ぶには相応しくない特殊な旧作も発表する。
一点物やオリジナルの意味や価値に反し、大量生産やコピーの意味や価値も同時に発表し提案する「河村康輔の工場」を是非ご堪能ください。
■日程: 2017年4月26日(水)〜5月15日(月)
■開場: 11:00〜20:00
■入場: 無料

個展詳細はこちら
http://www.quietnoise.jp/event/kosuke-kawamura-exhibition-factory.html

【河村康輔/KOSUKE KAWAMURA 】
1979年、広島県生まれ。東京都在住。
グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティスト。「ERECT Magazine」アートディレクター。「C.E」「A BATHING APE®」「adidas」「VANDALIZE」「master-piece」「NADA.」「BOUNTY HUNTER」など多数のアパレルブランドにグラフィックを提供、コラボレーションTシャツを制作している。他にもライブ、イベント等のフライヤー、DVD・CD のジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、ディレクションを手掛ける。2017年、大友克洋氏と共作で「INSIDE BABEL」(ブリューゲル「バベルの塔」展)を制作。

作家webサイトはこちら http://www.studiozaide.com/Kosuke_kawamura/information.html
———————————————–

■QUIET NOISE arts and break
OPEN: 11:00〜20:00(火曜定休/closed on Tuesday)
東京都世田谷区代沢2-45-2 1F(京王井の頭線池ノ上駅北口より徒歩1分)
2-45-2 1F Daizawa, Setagaya-ku, Tokyo

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会