体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WHITNEY『Light Upon The Lake』Interview

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

昨年リリースされたホイットニーのデビュー作『ライト・アポン・ザ・レイク』は、多くのメディアでその年の年間ベスト・アルバムの候補に選ばれるなど高い評価を得た。シカゴのフォーク・デュオが紡ぎだす、繊細で豊潤な響きに満ちたメロディとサウンド。そして、讃美歌のようにも厳かで、切なく沁み渡る歌声。そんなかれらの音楽は、リリースから一年近くが経とうとしている今も、静かに、しかし確実に聴く者の心を捉え続けている。この6月には、カントリーの歌姫ドリー・パートンの“Gonna Hurry (As Slow As I Can)”のカヴァーを含む新作の12インチがリリース予定、そしてサマーソニック2017にも主演決定。そちらも楽しみにしたい。

―デビュー・アルバムの『ライト・アポン・ザ・レイク』が世界中の音楽リスナーの心を捉えたことについて、率直にどう感じていますか。今回の東京公演もソールド・アウトですよ。

ジュリアン「こうして東京に来られただけでも嬉しいよ(笑)。もちろん、それだけ良い作品を作ったっていう手応えはあったけど、それが他人にどう受け止められるかは予想外の範疇だし、気に入ってもらえる保証はないわけだからね。そこからどうなるかは神のみぞ知るという」

―スミス・ウエスタンズやアンノウン・モータル・オーケストラをやっていた頃とは違う手ごたえがあった?

マックス「そうだね、今のほうがもっと自分らしいというか。スミス・ウエスタンズをやってた頃は、まだ19歳とか20歳とかで、何も考えてなかったわけで。今はもっとライフワークとしてコミットしてるから」

ジュリアン「今だからこそ、いろんなことの有り難みがわかるというか。昔はただ今が楽しければいいやって感じだったけど、今はここまで来るのにどんな苦労があったのか知ってるからね」

―スミス・ウエスタンズの活動をしていた当時から、今みたいな音楽をやりたい気持ちがあったんですか。

ジュリアン「というか、スミス・ウエスタンズの当時は、そもそも他のことを考える余裕すらなかったんじゃないかな。1つのプロジェクトに関わると、それだけでいっぱいいっぱいで。実際、今はホイットニーのことだけでこれだけ手一杯なんだし(笑)」

マックス「他に選択肢がなかったからね。音楽以外に自分にできることなんてないし。スミス・ウエスタンズが終わったらどうするのかとか、そもそも自分がどんな音楽を作りたいかすらも考えてなかった。そこでこれだけ共感し合える相手に巡り会って、それが受け入れられたんだから、自分はすごくラッキーだったよね」

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Shuya Nakano | text : Junnosuke Amai | edit : Ryoko Kuwahara

―ホイットニーの音楽がこれだけ多くの人に受け入れられたのは、どうしてだったと自分たちでは思いますか。

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy