ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヤマハ、平成29年3月期連結業績を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヤマハ、平成29年3月期連結業績を発表

ヤマハは5月1日、平成29年3月期の連結業績を発表した。

販売は、為替によるマイナス影響334億円及び音楽教室事業移管影響42億円もあり、売上高は4,082億48百万円(前年同期比6.3%減少)となった。

損益は、通期で111億円となる為替のマイナス影響を吸収し、営業利益は443億2百万円(前年同期比8.9%増加)、経常利益449億26百万円(前年同期比9.8%増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は467億19百万円(前年同期比43.2%増加)となりました。営業利益率は10.9%となった。

セグメントの業績は以下の通り。

楽器事業の売上高は、前年同期に比べ197億5百万円(7.1%)減少し、2,576億64百万円となった。為替による減収要因222億円と音楽教室事業移管影響42億円が含まれており、その影響を除いた売上高は前年同期に比べ67億円の増収となった。営業利益は、為替による減益要因86億円があったものの、コストダウン、価格の適正化、経費減等により、4億51百万円(1.4%)増加し321億38百万円となった。

音響機器事業の売上高は、前年同期に比べ53億96百万円(4.5%)減少し、1,154億84百万円となりました。為替による減収要因が106億円含まれており、その影響を除いた売上高は前年同期に比べ52億円の増収となった。営業利益は、為替による減益要因26億円があったものの、実質増収、コストダウン、経費減等により、19億10百万円(22.4%)増加し104億47百万円となった。

その他の事業の売上高は、前年同期に比べ21億26百万円(5.7%)減少し、350億99百万円となった。為替による減収要因が6億円含まれており、その影響を除いた売上高は前年同期に比べ15億円の減収となった。営業利益は、コストダウン、経費減等により、12億77百万円(290.8%)増加し17億16百万円となった。

同連結会計年度における海外売上高比率は、前年同期に比べ0.6ポイント減少し、66.1%となった。

同社は次期の見通しとして、売上高4,270億円(前年同期比4.6%増加)、営業利益485億円(前年同期比9.5%増加)、経常利益485億円(前年同期比8.0%増加)、親会社株主に帰属する当期純利益390億円(前年同期比16.5%減少)を予想している。なお、本予想は、為替による増収影響を織り込んだものとのこと。

関連リンク

ヤマハ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。