体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GWにオススメ! 渋谷の『VR PARK TOKYO』でVRを体験してきた

近年、さまざまな分野で注目されているVR。TIME & SPACEでも、これまでさまざまなVRの事例を紹介してきました。でも、個人でVRコンテンツを楽しむとなると、ハイスペックなPCや専用のデバイスが必要で、少々ハードルが高いという問題があります。

そんな折、本格的なVRを手軽に体験できる施設が渋谷のど真ん中に出現したとの情報が。その名も『VR PARK TOKYO』。渋谷駅ハチ公口改札より徒歩5分で、バスケットボールストリートから歩いてすぐの場所にありました!

総合アミューズメント施設の4F部分がVR PARK TOKYO

さっそく体験してきた!

4階で入場料を支払うと、VRアトラクションがたくさん並んでいるゾーンに案内されました。VR PARK TOKYOでは現在7つのアトラクションが体験可能です。

ふたりの距離が縮まる!? 「ソロモン・カーペットVR」

正直、どれからプレイしたらいいか迷ってしまいますが、まずはいちばん人気だという「ソロモン・カーペットVR」を体験することに。このアトラクションのコンセプトは、魔法の絨毯に乗って、次々に現れるドラゴンや魔物を倒しながら遺跡を目指すというもの。さっそくカーペットに乗り込み、ヘッドマウントディスプレイを取り付けたらゲーム開始です。

絨毯に乗り込んだ瞬間、目の前からバーッと突風! カーペットも連動してグラグラと動きます。どんどん登場する魔物を撃ちながら突き進みますが、迫力の映像と相まって、本当に高速で空を飛び、映像の没入感から振り落とされるんじゃないかというドキドキ感。叫びすぎて喉がガラガラになってしまうほどでした。これ、友だちや恋人と挑戦したら距離が縮まりそう。

お化けを撃ち落とせ! 「協力! ゴーストアタッカーズVR」

続いて体験したのは、ガンシューティングVRアトラクションの「協力! ゴーストアタッカーズ VR」です。イメージとしては、ゲームセンターの定番とも呼べる「タイムクライシス」や「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」といったパニック系ガンシューティングゲームを360°の世界で体験する感じ。従来のガンコントローラーを用いたゲームは、いかに素早く、正確に射撃する電子モグラ叩き的な要素が強いですが、このアトラクションは反射神経だけでなく周囲のサーチ能力が問われます。2人でプレイすると、ゴーストの居場所を教えられるだけではなく、動きを止めて倒しやすくなります。

手汗びっちょりんこ! 「DIVE HARD VR」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会