体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プレモルファンにオススメ! 新『ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール』をグビグビっと飲んでみた!

3月14日にリニューアル発売された『ザ・プレミアム・モルツ』に続いて、同シリーズのエールビールが4月11日に新『ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール』として登場。すっかりお馴染みとなった通称・プレモルを普段から飲食店や缶で愛飲しているお酒好き記者が、この機会に飲んでみた。

聞いたことはあるけど、そもそもエールビールって何?

昨年3月に登場し、このたびリニューアルされたサントリーの『ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール』(350ml・実勢価格 税込209円・2017年4月11日発売)は、エールビールだ。

 

そもそも日本のビールの約9割を占める一般的なラガービールと、エールビールでは製法が異なる。下面発酵酵母を使用して6℃~15℃の低温環境で発酵させるラガービールとは対照的に、上面発酵酵母を使用して20℃~25℃の温かめの環境で発酵させたものがエールビールとなる。ベルギー産のデュベル (Duvel)が有名だ。

 

苦みがあり喉越しを重視したラガービールと違い、缶に書かれているとおり「フルーティで豊かな味わい」を楽しめる。ラガービールは苦手な女性でも、エールビールなら美味しく頂けるという方もいるだろう。

 

香りを楽しむなら、グラスに注いでゆっくりと味わいたい

さっそく飲んでみることにするが、『〈香る〉エール』とうたっているくらいなので、まずは香りを楽しんでみたい。しかし、缶のままではそれほど感じることができなかったので、グラスに注いでみることに。

グラスに立ち込めていく泡。注がれていく心地よい音。やはり缶ビールとはいえ、できればグラスに注いだほうが見た目的にもいい。

泡が落ち着いて飲み頃まで少し待つのも、粋なビールの楽しみ方の1つだ。いよいよグラスに口をつけた瞬間、解き放たれたホップの心地よい香りを感じることができた。そしてひと口飲んでみると、口当たりの良さとともに、しっかりとしたプレモル感も感じることができた。

 

フルーティさが強調されるというよりも、一般的なラガービールのようなコクもありつつ、程よいバランスに調整されているような気がする。

ヨーロッパとは違い、基本的にビールは冷やして飲む日本ならではのエールビールといえるだろう。逆にラガービールを愛飲し、フルーティさが苦手だという人も、プレモルが好きであれば1度試してみてもいいかもしれない。記者もどちらかというとラガービールが好きだが、この『〈香る〉エール』はプレモルとエールビール、両方の魅力を楽しめる商品だ。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy