体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鳥となって空を飛ぶ癒やしゲーム『Copoka』で人間社会を観察しよう!

image1
  
暖かい日差しが気持ちいい。春がやってきた。みなさんも、道ばたに咲き始めた小さな花に春の息吹を感じていることだろう。なんとも気分の良い季節だ。だが、春は新生活が始まるたいへんなシーズンでもある。もしかすると新生活で毎日に疲れを感じている人も多いかもしれない。今日はそんな人におススメな癒し系ゲーム『Copoka』を紹介しよう。

image6
  
『Copoka』はインディディベロッパー「Inaccurate Interactive」が開発したオープンワールドゲームだ。といっても「Inaccurate Interactive」は会社ではない。スウェーデンのシェブデ大学の学生が主体のチームだ。このゲームは大学のコースプロジェクトとして作られた。平たく言えば、学生作品なのである。学生が授業で作った作品でこのクオリティとは恐れ入る。

学生チーム制作という経緯からか、本作は販売ルートに乗せる予定ではなかったようである。本作は当初、チャリティゲーム販売サイト「The Humble Bundle」の月額定期購入プラン「Humble Monthly」で配信された。この購読プランには「Humble Original」というプラン加入者にしか遊べないゲームが一本毎月送られるのだが、これもそのうちのひとつであった。プラン加入者が事前にお金を払っておかなければ二度と手に入らない。この作品は本来そういうものだったのだ。

だが、「このゲームはそんなところで終わる作品じゃない!」と誰かが思ったのであろう。インディディベロッパー「Guru Games」のメンバーDaniel Strömさんが同大学で講師をしている関係からか、本作は「Guru Games」パブリッシングでGreenright登録される。結果、本作はGreerightを見事通過。2016年2月16日に発売へと至った。現在、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて498円で販売されている。

学生チームの作品がそのまま世界に向けて発売される。これもまたインディゲームらしい例であろう。余談ではあるが、北欧にはこうしたゲーム制作を志す学生や小規模団体への支援を行う団体、優秀者に資金を提供するコンペディションがいくつかあり、これらの支援を得て会社を立ち上げたディベロッパーも多い。

あと、当然のことであるが『Copoka』は英語しかサポートされていない。スウェーデンの学生に多言語サポートを求めるのは間違っている。スウェーデンの公用語ではない英語でゲームを作ってくれただけでもありがたく思おう。

鳥となって空を飛び、人間社会を鳥瞰しよう

image3
 
さて、肝心のゲーム内容の紹介に移ろう。『Copoka』は一つの街を舞台にしたオープンワールドゲームだ。プレイヤーは鳥となり、空を飛びまわり、巣の材料を集めることになる。

image8
 
舞台となる街はコポカ。自然豊かで美しい街だ。だが、この街には独裁政権が敷かれている。市街地には四六時中プロパガンダ放送が垂れ流され、軍人たちが市民に厳しい目を光らせる。市民は圧政と、貧困からくる病に苦しみながら、政府への不満を募らせている。

image10
 
人間にとって住みよい街とはとても言えないところだが、プレイヤーは鳥である。圧政だろうがなんだろうが知ったことではない。大事なのは巣をより立派なものにして、タマゴを守ることだ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。