ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

LogicLinks、対象ゲームアプリやSNSのカウントフリーオプションが用意されたMVNOサービス「LinksMate」を7月1日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

LinksMate は 5 月 1 日、「グランブルーファンタジー」などの対象となるゲームアプリと Twitter、Facebook、AbemaTV などの対象コンテンツの通信料をカウントフリーとするオプションが用意された MVNO サービス「LinksMate」を 7 月 1 日より提供開始すると発表しました。LinksMate は NTT ドコモ回線を利用する MVNO です。データ通信 SIM と音声通話付 SIM が用意されていて、データ通信 SIM にはデフォルトで SMS 機能が付きます。LinksMate の最大の特徴は、現時点で 11 タイトルがラインアップされている対象ゲームアプリと、Twitter、Facebook、AbemaTV、AWA の SNS やコンテンツ、更には対象ゲームアプリを Google Play ストアからダウンロードする場合とアップデートする場合の通信料をカウントフリーとする月額 500 円 + 税のカウントフリーオプションが用意されている点です。このカウントフリーオプションを利用することで通常のデータ使用量から 90% 以上を節約できるとしています。LinksMate で用意されているデータ通信プランは 5、10、20、30GB の 4 プランです。基本料金は順に 1,500 円 + 税、2,500 円 + 税、4,200 円 + 税、5,400 円 + 税となり、音声通話機能付き SIM はそれぞれの基本料金に 600 円 + 税を加算した料金となります。また 1 プランにつき最大 4 枚まで SIM を追加発行できるデータシェアを利用することも可能です。SIM の追加発行は 3,000 円 + 税の事務手数料と SIM 発行手数料が 400 円 + 税となり、月額の基本料金はデータ専用の場合が 300 円 + 税、音声通話機能付きの場合が 900 円 + 税となります。ちなみにカウントフリーオプションは 1 グループで 500 円 + 税となるのでデータシェアを利用しても SIM ごとに加算されません。このほか SIM ごとに加入できる端末保障「つながる端末保証 by LinksMate」や留守番電話オプションなどの有料オプションと、オプション料金は無料となる転送電話サービスも用意されています。LinksMate の一般サービスは 7 月 1 日から開始されますが、5 月下旬から先行でサービスを利用できる先行会員登録の受け付けも現在行われています。先行会員登録を行っておくと有効期限が 3 日間の招待コードが送られてくる予定です。また 7 月 1 日の一般サービス開始後は LinksMate アカウントと対象ゲームの連携を行うことでゲームごとの特典を受けられるサービスも開始されます。このほか LinksMate では SIM フリースマートフォンとのセット販売も行われます。ラインアップされている機種は Huawei 製 「P9」「P9 Lite」「Mate 9」「Nova」「Nova Lite」と、「HTC Desire EYE」、「VAIO Phone A」の計 7 機種です。Source : LogicLinks

■関連記事
欧州33カ国対応の渡航者向けSIMカード「EURO SIM」が発売
Project Fiユーザー向けのスマホ自販機が米国の9空港で新たに設置
Android Tips : Amazonアプリストアで登録台数の制限に引っかかった場合の登録解除手順

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。