体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SHOW-YA「NAONのYAON 2017」、荻野目洋子、はるな愛、小比類巻かほるらとコラボ共演

SHOW-YA「NAONのYAON 2017」、荻野目洋子、はるな愛、小比類巻かほるらとコラボ共演

SHOW-YAがプロデュースするライブイベント「NAONのYAON 2017」が、4月29日に日比谷野外大音楽堂にて行われ、総出演者18組71名、全演奏楽曲41曲、5時間を超えるイベントが大盛り上がりで終了した。

イベント初登場となった荻野目洋子はSHOW-YAをバックに従え、レッド・ツェッペリンの「ROCK’N’ROLL」、KISSの「LOVIN’YOU BABY」とカバー曲を披露したあと、寺田恵子、はるな愛とともに「ダンシング・ヒーロー」を演奏。最後の曲「限界LOVERS」ではふたたびSHOW-YAと共演した。

また同じく初登場の、そして男子禁制の「NAONのYAON」にはるな愛が登場。エアあややから新曲披露、そして久宝留理子と「男」、SHOW-YAとすぅ(SILENT SIREN)と「愛をとりもどせ!!」など、数々のコラボレーションで大活躍を見せた。

そして、小比類巻かほるも初登場ながら大ヒット曲「Hold on me」「Together」を披露したほか、CYNTIAのコーナーでは「CITY HUNTER〜愛よ消えないで〜」で意外なコラボが実現。さらに第5回(1990年)以来、27年ぶり2度目の登場となる久宝留理子はヒット曲「早くしてよ」、Gacharic Spinのコーナーでは「学園天国」のコラボで盛り上がり、相川七瀬はボーカリストとしては最多の7回連続出演。12歳の天才ギター少女・Li-sa-Xをゲストに迎えての「世界中の誰よりきっと」、そして「夢見る少女じゃいられない」も続けて披露。

最後にトリのSHOW-YAが登場。大ヒット「私は嵐」に続いては、4月26日に配信された新曲、「ぱちんこCR北斗の拳7 転生」使用曲となっている新曲「NO REGRETS」と、北斗の拳のテーマソング「愛をとりもどせ!!」の新しいSHOW-YAヴァージョンを披露した。

ライブ初披露となった「愛をとりもどせ!!」は、当日のライブではクリスタルキングの代わりにはるな愛、すぅ(SILENT SIREN)との共演を果たした。ラストナンバーの「限界LOVERS」では、ふたたび荻野目洋子がステージに上がっての共演のあと、アンコールでは出演者全員による“NAONのYAONテーマ曲”である「ROCK LOVE」で大いに盛り上がりを見せた。

最後は降り始めた雨のなか、寺田恵子がオーディエンスに向かって「みんな、愛してるよ!」と叫びエンディングを迎えた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。