ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「マタアイマショウ!」ポール・マッカートニー【ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017】ついに終幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「マタアイマショウ!」ポール・マッカートニー【ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017】ついに終幕

 ポール・マッカートニーの最新ツアーの一環として、4月25日よりおこなわれていた【ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017】が4月30日、東京ドーム公演をもってフィナーレを迎えた。

ポール・マッカートニー ツアー写真(全4枚)

 一夜限りの日本武道館公演、そして2日間の東京ドーム公演を大盛況に終え、迎えた最終日。この日もやはりビートルズの「A Hard Day’s Night」でショーは幕を開けた。前回同様、ポールのMC時にはサイドのモニターに同時通訳が映し出されるスタイルだが、積極的に日本語を話そうとしてくれるポールの心意気が嬉しい。今回も「コンバンハ!」「サイコー!」などはもちろん「ゴールデンウィーク」「トーキョードーム」さらには「ビートルズ」まで、きっちり日本風のカタカナ発音で披露してくれたポール。さらに、今回の来日ツアーで日本のファンへのサプライズとなったのが、ポール自ら「ニホンハツコウカイ」と紹介した「I Wanna Be Your Man」のソロ・パフォーマンスだ。同曲は1963年にレノン&マッカートニーがローリング・ストーンズに提供したナンバーで、ビートルズにおいてはリンゴがリード・ボーカルを担当したライブの定番曲。1966年の日本武道館公演で披露されたこともあり、ポールはこの曲を日本のファンへの“プレゼント”に選んでくれたのだろうか。また、ビートルズにとって初のレコーディング曲だと語り、前身クオリーメン時代の楽曲「In Spite Of All The Danger」披露も、今回のツアーのひとつの目玉となった。

 ビートルズ、ウイングス時代のヒット・シングルはもちろん「Blackbird」の弾き語り、ジョンとジョージのトリビュート、最新アルバム『NEW』からの楽曲披露など、基本的には前回の来日ツアー【アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015】を踏襲した構成となったが、そこに新入りを果たしたのが、2015年に音楽シーンの話題をさらったリアーナ、カニエ・ウェストとの異例のコラボ曲「FourFiveSeconds」だ。これをポールの歌声で聴けるのは非常に貴重であり、最新ツアーならでは。そして、ショー終盤にはお約束のステージ大爆発「Live and Let Die」、そして本編のフィナーレには、観客のサイリウムが一斉に揺らめき「ヘイ・ジュード」の大合唱、アンコールは「Golden Slumbers」~「Carry That Weight」~「The End」のアビイ・ロードB面メドレーという近年おなじみの展開で締めくくられた。

 前回の来日公演時より、ポールとオーディエンスとの一体感が何倍にも増しているように感じたのは、公演最終日だからか、あるいはここ数年の間に何度かポールを体験しているオーディエンスが増えたからか。老若男女、誰もがみなリラックスして、自由にショーを楽しんでいるように見えた。そして、もちろん今回も盤石のバンド陣を従え、一切衰えのないパワフル&チャーミングなステージを披露してくれたポール。アンコールの際、ドームの屋根に大きく映し出された「ARIGATO PAUL」「PLEASE COME BACK!!」は、そこにいた5万人の総意であることは言うまでもない。ポールもまた「マタアイマショウ!」という最高の言葉をファンに残し、紙吹雪の舞うステージを去っていった。 

◎公演情報【ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017】
4月25日(火)日本武道館
4月27日(木)、29日(土・祝)、30日(日)東京ドーム

写真は、4月27日公演。(C)堀田芳香

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニー日本武道館でツアー幕開け、サプライズ曲も
ポール・マッカートニー、いよいよジャパン・ツアー開幕! 「教えてポール!」の放送日が決定
ポール・マッカートニー来日直前!オープニング曲はやはりソロ初披露のビートルズ・ナンバーが最有力か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。