体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「保険は大嫌い」から保険相談ショップを多店舗展開する経営者へ――アセットガーディアン株式会社 代表取締役 内野道雄さん【起業家たちの選択と決断】

約35社の保険商品を扱う保険相談ショップ「保険 de あんしん館」などを展開するアセットガーディアン株式会社。その創業者である代表取締役・内野道雄さんは、大学卒業後、商社に入社。新人時代に強引な保険セールスを受けた経験から「保険が大嫌いだった」という。

そんな内野さんが、なぜ保険相談ショップの運営会社を立ち上げるに至ったのか。これまでの選択と決断のプロセスを伺った。

f:id:tany_tanimoto:20170428121420j:plain

アセットガーディアン株式会社 代表取締役 内野道雄さん

社会人になって価値観が変化――「チャレンジする人生はかっこいい」

「人生の成功とは、いい大学に入って有名企業に入ること。昔はそんな価値観を持っていました。就職先として商社を選んだのも、上場企業でありつつ『服装の制限が厳しくないから』という理由。仕事内容にも働き方にも、思い入れなんてなかったんです」

商社では、ゼネコンや建築主を対象に、オフィスの内装・家具・OA機器の一括納入を提案する営業を務めた。業務の一環として、商材の仕入先である中小企業経営者と交流を持つうちに、「成功」に対する価値観がくつがえされたという。

「業界の頂点に君臨する大企業をわざわざ辞めて起業した?それ、どういうこと!?と、衝撃を受けました。当時の僕は、中小企業というのは家業が代々受け継がれるものであり、会社が自分でつくれるものだとは思っていませんでしたから。彼らから、起業を決意した理由、社員や仲間たちへの想い、世の中をよくしたいという将来ビジョンなどの話を聴いて、『うちの上司はここまで考えてないよな』と思った。同時に、5年先10年先が想像できるサラリーマンよりも、見えない未来を自分で創造していくほうがかっこいいし、おもしろいと思ったんです」

こうして「起業」への意識が芽生えたが、どういうビジネスをすればいいのか想像がつかず、悶々とした日々が続いた。そんなとき訪れたのが「金融ビッグバン」だ。金融制度が大幅に改革され、金融サービスのあり方が変わろうとしていた。

内野さんは「おもしろいかもしれない」と直感。「商社でモノの流れは覚えたから、次は金融の知識を身に付けよう」と考え、金融業界を目指して転職活動を開始した。

しかし、人材紹介会社に登録したものの、第一志望である「銀行」の求人紹介は受けられなかった。当時の銀行は未経験者の中途採用を行っていなかったのだ。

途方に暮れていると、ある会社から面接のオファーが届いた。これから日本市場で拡大を図ろうとする外資系保険会社だった。

「すぐに断りました。というのも、僕は保険が大嫌いだったんです。新入社員の頃、保険外交員にろくに説明もされないまま強引に加入させられて、イメージが最悪でしたから。それでも試しに話を聞いてみると、日本ではまだ100人未満の組織で、総合職というポジション。ベンチャースピリットを持っていて、若手が任される環境。『それならやりがいがありそうだし、学べそうだ』と、入社を決めました」

そこで初めて保険の仕組みを学んだ内野さんは、「すごい商品。個人にとっても企業にとっても絶対必要なもの」と気付いたという。そして、自分と同じように保険を敬遠している人たちに正しい知識を提供したい、そこにこそビジネスチャンスがあるのではないか…と考えた。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会