ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【2017年】デジタル一眼レフおすすめ最新モデルまとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クラシックカメラを使ってきた方や、これから高機能なカメラが欲しいと考えているそこのあなた。候補にはデジタル一眼レフも入っていますよね。暖かい季節になると特に出かける場面も多くなり、デジタル一眼レフで高画質な思い出を残しても良いかもしれません。2017年おすすめしたい、高機能なデジタル一眼レフをご紹介します。2017年発売モデルなど、できるだけ最新カメラのおすすめを探しているという方は、参考にしてください。

デジタル一眼レフの最新モデルとは

null

デジタル一眼レフといえばそれなりに高価でなかなか手が出しにくいと考えていたのは数年前のこと。最近は手ごろな価格で高性能なモデルの競争が始まってます。どのカメラにしようかと悩んでしまいませんか?今回はカメラメーカーが発売した、2017年の時点で最新のデジタル一眼レフをいくつかご紹介します。最新一眼レフを購入することで使わなくなってしまうカメラがあるという方のために、最後の項目では買取に関する情報もお届けします。

2017年おすすめデジタル一眼レフ

Nicon D7500

null出典:amazon

2017年4月発売、NiconのD7500。ニコンが発売する、一眼レフカメラD500クラスの画質に匹敵するほどの高画質が適うこちらのモデル。高性能画像処理エンジンEXPEED5を搭載しています。撮影画像はスマートフォンへ自動転送できる他、リモート撮影も可能なWi-Fi対応。撮影する楽しみだけでなく、使い勝手の良さとしての機能も充実したデジタル一眼レフです。モニターはタッチパネルを採用。

Canon EOS Kiss X9i

null出典:amazon

2017年2月発売、CanonのEOS Kiss X9i。動きに強いモデルとして新発売されたこちらのモデル。中級機にも使われている、高精度なAFセンサーを45個も搭載しているので、動きが速いものにもピント合わせはばっちり。タッチパネルに触れた瞬間、シャッターが切れるデュアルピクセルCMOS AFを採用で、画面を見ながらピントを合わせた撮影も可能です。大型CMOSセンサーで約2420万画素。

→「Canon」デジタル一眼レフカメラの買取価格を知るならこちらのページへ

PENTAX AX KP

null出典:amazon

2017年2月発売、PENTAXのAX KP。PENTAXの今までの製品展開であれば、以前のモデルの後継機として発売されるところ、こちらは風景写真愛好家が満足できるフィールドカメラとして発売された新コンセプトモデルです。コンパクトでいつもの製品に比べるとやや軽量。シーンや用途に応じて最適な状態にカスタマイズできる、シーン別機能が豊富に揃っています。約2496万画素。

→「PENTAX」デジタル一眼レフカメラの買取価格を知るならこちらのページへ

SONY α99 II ILCA-99M2

null出典:amazon

2016年11月発売、SONYのα99 II ILCA-99M2。広範囲、高密度に配置された2つのAFセンサーを動作させ、AFの速度や精度、追従性が大幅に向上したモデルです。写真撮影だけでなく、動画撮影においても高解像性能を引き出す5軸ボディ内手ブレ補正で補正効果を実現。これだけの性能を揃えても、全体的にコンパクトな仕上がりである点において使いやすさも考慮されています。4240万画素CMOSセンサーを搭載。

→「SONY」デジタル一眼レフカメラの買取価格を知るならこちらのページへ

SIGMA SD1 Merrill

null出典:amazon

2012年3月発売、SIGMAのMerrill。SIGMAから発売された一眼レフモデルでは最も新しく、2012年に発売されたにも関わらず、2017年時点でも愛用者が多い有名モデルです。前モデルであるSIGMA SD1の機能、性能、仕様はそのままに、Merrillセンサーを搭載したフラッグシップカメラ。有効画素数46メガピクセル、4,600万画素の高画素で、立体的かつ臨場感のある精緻な写真撮影が可能です。

不要になったカメラがあるという方に

null

買取してもらうことも可能です

高価なカメラなどは、人に譲ることを考えることもあるかと思います。以前使用していたカメラや、最新モデルのカメラを購入したものの自分には合わなかったという方も、買取してもらうことでお得にその分のお金を新機種のカメラに買い替えるお金にしたり等他に活かすことが可能です。譲ることも良いかと思いますがこの機会に買取を利用しましょう。

どんなカメラが売れるのか?

基本的には、どんなモデルのカメラも買取可能です。新しいモデルはもちろん、古いクラシックカメラまで買取可能。今はフィルムが手に入らないからと思っていたカメラでも売れることがあるので、いくつかの買取店に相談するといいでしょう。

カメラを高く売るためのコツ

null

高く買取してもらうなら比較を

1店目で査定をしてもらったら10,000円の査定額だった。しかし2店目で査定をしてもらうと、15,000円になった。そういった価格差はどうしても生じてしまいます。買取店ごとに価格は異なるため、カメラを高く売るならまずは見積もり査定額を複数の店で出してもらい、一番高く売れる店を探してから実際に査定に出すと良いでしょう。

買取店の価格を一括して知りたいという方であればウリドキサイトがおすすめです。検索枠には売りたいモデルのメーカーや型番を入力し、検索するだけ。複数の買取店の価格がまとめて表示されるので、一番高く売れる店は一目瞭然です。普段忙しくしているため買取に時間が取れないという方は、ぜひ活用を。

→ウリドキのホームページへ

早めに査定してもらうと高く売れる

新しいモデルはなかなか中古で手に入らないこともあり、買取価格は高価になる可能性が高いです。高価買取してもらえるチャンスですね。売りたいと思ったら、早めに査定をしてもらいましょう。

デジタル一眼レフを買いに行こう!

null

ここぞという時に良い写真を撮ってのこしておくためにも、デジタル一眼レフを手に入れてみてはいかがでしょうか。2017年は最新モデルが複数登場しているので、今回ご紹介のモデルもぜひ参考にしていただければ嬉しいです。
そして使わなくなるデジタル一眼レフは買い替えの為にも買取してもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。