体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】○○だけを食べ尽くす!恵比寿で豚を喰ってきた!!【ぶた】

最近はレストランのジャンルも細分化、○○専門店という業態が増えてきました。勿論そんなお店だから、絞った食材にはきっとこだわりがあるハズ。調理法にも工夫があるハズ。そんなお店を探し求めて食い尽くす飽くなき食への追求を形にした『○○だけを食べ尽くす』トリロジー。第一回目は、東京は恵比寿の豚料理専門店、その名も『ぶた屋』で豚を食べまくってきました。

こちらの名物は2つ。『しゃぶ鍋』と『ラードご飯』。これを食べなきゃ『ぶた屋』に来た意味がありません。とはいうもののまずは前菜から。

『ぶた屋』は山形は庄内のわんぱくポークだけを使用しています。だから付け合わせも勿論山形名物の『玉こんにゃく』。「いきなり豚じゃねーじゃねーか氏ね」とか言う人も居ると思いますが、これ以降は全て豚ですので見て見ぬふりをするのも大人のたしなみです。
そして前菜に突入します。最初は白モツの炒め物。

豚は白モツに始まり白モツに終わると言うくらいの白モツパラダイス的な美味しさに満ちあふれています。こりこりウマウマ幸せなのです。
そして次に食べたのは蒸し豚ポン酢。

焼いても良し揚げても良しの豚肉。蒸しても美味いのは当然なのです。

次は変化球でひき肉と春雨の炒め煮。見た目は中華風だったんですけど味は超和風。白米で食べたい逸品だけど白米は豚料理じゃないから我慢したんだお!

串もタレや塩取り混ぜて豚のあらゆる部位を食べてみました。豚うめぇぇぇ。
そしていよいよ本陣に突入。豚しゃぶを注文してみるのです!しゃぶしゃぶはバラ、肩ロース、ロースとありますが、今回は豚の脂身が一番美味しく感じられるバラを注文してみました。『ぶた屋』のしゃぶしゃぶは、肉を超ウマウマの薄いそばつゆ風味の付け汁に浸して食べます。お好みで柚子胡椒を溶き入れると一層ウマウマ。

当然〆は当然中華麺! 豚の出汁が出たスープで作るラーメンはステキですね。
そしてデザートは、名物ラードご飯です。豚のラードを熱々ご飯に載っけて、甘醤油かニンニク醤油をドパっとかけてまぜまぜ。ラードパワーで米粒がつやつやと真珠のように光り始めたらそれが食べ頃!

一口頬張ると全身に豚の脂が廻るような幸せに包まれます。特にニンニク醤油版が猛烈にお勧めかもしれません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会