ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でも知られるレイ・パーカーJr.の誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でも知られるレイ・パーカーJr.の誕生日

 5月1日はアメリカのR&B/ソウル界を中心に活躍を続けるギタリスト、レイ・パーカーJr.の63歳の誕生日。

 レイ・パーカーJr.は1954年5月1日、アメリカ・ミシガン州デトロイト生まれ。1970年代半ばから、プロのギタリストとしてのキャリアをスタートさせ、アレサ・フランクリンやハービー・ハンコック、そしてバリー・ホワイトらのバンドに参加。そして1977年には自身のバンド、レイディオを結成し、「スティル・イン・ザ・グルーヴ」「イッツ・タイム・トゥ・パーティー・ナウ」など、珠玉のディスコ/ブギー・ナンバーを放ち、1981年には「ウーマン・ニーズ・ラヴ」が全米ビルボード4位(R&Bチャート1位)を記録、そして全米ビルボードNo.1を記録した映画『ゴーストバスターズ』(1984年)主題歌はソウル・ファンのみならず誰もが知る彼の代表曲のひとつとなっている。また、ソングライターとしてもその才能を発揮し、シェリル・リン、ニュー・エディションらにポップかつ良質なソウル・ミュージックを提供してきた。80年代から現在まで、日本でも高い人気を誇るギタリストの一人であり、コンスタントに来日も実現。先月もレイ・パーカーJr.&レイディオとして来日を果たし、80&90年代ヒッツをテーマにした音楽イベント【80’s Dream 90’s Magic PREMIUM CONCERT】に出演、単独公演もおこなったばかりである。

関連記事リンク(外部サイト)

80’sDreamがよみがえる夜。レイ・パーカーJr.&レイディオ大阪公演レポート
友近と渡辺直美がハリウッドでレイ・パーカーJr.と「ゴーストバスターズ」を大合唱
人気米ドラマ『スクリーム・クイーンズ』を彩る80’s~90’sミュージックをご紹介

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。