体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あえてGWの渋滞にはまりたくなる車を考えてみた

▲ETCの整備や渋滞が顕在化している箇所での道路構造の改良、LED表示板などによる速度回復の呼びかけ、渋滞予測情報の提供など、様々な取り組みが効果を発揮。渋滞が台数・時間的に与えた影響を表す指標である「渋滞損失時間」は、2013年を境に減少傾向にある

▲ETCの整備や渋滞が顕在化している箇所での道路構造の改良、LED表示板などによる速度回復の呼びかけ、渋滞予測情報の提供など、様々な取り組みが効果を発揮。渋滞が台数・時間的に与えた影響を表す指標である「渋滞損失時間」は、2013年を境に減少傾向にある

渋滞は減少傾向と言うけれど、はまるとやっぱりイライラするよねー

待ちに待ったゴールデンウイーク。レジャーや帰省に車も大活躍する時期です。一方で、高速道路の渋滞は頭痛の種。今年の渋滞は、上下線ともに5月3~5日に多く発生するとの予測。下りのピークは3・4日、上りは4・5日の見通しだそうです。ちなみに、10km以上の渋滞回数は、昨年に比べると、およそ13%増える予想だとか。んー、渋滞にはまるとイライラしてしまいます。そこで、今回は渋滞を快適に乗り切れるかもしれない、いやむしろハマりたくなるかもしれない車選びを紹介します。

安全運転支援システムを搭載した車を選ぼう

ベタですが、まずは運転支援システムを搭載した車を選びましょう。理由はいわずもがなですよね。平成26年中の高速自動車国道等における事故類型別交通事故発生状況をみると、車両相互の事故が90.4%を占めています。そして、車両相互の事故では,車線上の停止車への追突が最も多く、次いで走行車への追突が多くなっているからです。

最近では各メーカーが搭載していますが、中古車でオススメしたいのはスバル。お馴染み「EyeSight」を早い時期から展開していたので、中古車市場で探しやすいといったアドバンテージがあります。現在の「EyeSight」はVer.3ですが、中古車で狙うなら、2010年モデルの一部から搭載されているVer.2。搭載車には5年落ちもあり、価格もこなれてきています。

もちろん、機能的にはVer.2もなかなかのもので、衝突回避ブレーキと全車速追従クルーズコントロールを実現しています。衝突回避ブレーキは渋滞時の不注意による追突リスクを軽減、また、全車速追従クルーズコントロールは、高速道路や自動車専用道路で0-100km/hの広い車速域で先行車を追従走行してくれるので、アクセルやブレーキ操作のわずらわしさを軽減してくれます。

渋滞時はタダでさえイライラするもの。そこに、細かいアクセルのオンオフで疲れると、つい奥さんや子供にきつくあたることもあるかもしれません。しかし、「EyeSight」を搭載していれば、そんなイライラも低減。楽しい車内になること間違いなしです。

▲オススメは、7人乗りで、友人同士や実家の親などとも一緒にレジャーに行ける『エクシーガ』。2012年7月に改良して発売されたモデル以降は、「EyeSight(ver.2)」搭載モデルをラインナップしている。今年の夏には、2回目の車検での買い替えによる下取り車も出てきそう。お盆や年末、来年のGWの渋滞に向けて、狙い目かも

▲オススメは、7人乗りで、友人同士や実家の親などとも一緒にレジャーに行ける『エクシーガ』。2012年7月に改良して発売されたモデル以降は、「EyeSight(ver.2)」搭載モデルをラインナップしている。今年の夏には、2回目の車検での買い替えによる下取り車も出てきそう。お盆や年末、来年のGWの渋滞に向けて、狙い目かも

渋滞中はお気に入りの音楽でテンションアゲアゲ

イライラした気分を落ち着かせてくれるといえば、お気に入りの音楽。ヒーリングだけでなく、渋滞で眠くなったときなどは、大音量でかけて眠気を吹き飛ばしたという経験がある人も多いでしょう。

ソニー損保が2016年に採ったアンケートで「お盆の帰省中、“眠気覚まし”に最も聴きたい曲」では、1位はゴールデンボンバーの「女々しくて」、2位はB’zの「ultra soul」、3位はウルフルズの「ガッツだぜ!!」という結果に。ちなみに、順位の変動はあれども、この3曲は2014年から3年連続で3曲とも3位以内にランクインしていました。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。