体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ゴールデン オレオ バニラクリーム』今までの常識を覆す、苦みゼロの金色オレオとはどのような味なのか!?

「オレオ」といえば、少し苦みのあるココアクッキーに、バニラクリームを挟んだ定番中の定番クッキー。そんな「オレオ」に、日本上陸30周年を記念して『オレオ ゴールデン バニラクリーム』が仲間入り。大森南朋が出演するCMでも注目を集める話題の品をさっそく食べてみた!

多国で人気商品が、満を持して来日!日本人向けにアレンジも

昨年、ヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)からモンデリーズ・ジャパンとライセンスが移行したことでも話題となった「オレオ」。発売された『オレオ ゴールデン バニラクリーム』(18枚入り・税別220円・2017年3月6日発売)は、2004年にアメリカで発売されて以来、実は多くの国で愛されてきた定番商品なのだそう。

今回、日本上陸30周年を記念し「オレオ」の誕生日である3月6日についに上陸。日本人の好みに合わせて、甘さ控えめのバタークッキーでバニラクリームを挟んでいるという。

『ゴールデン オレオ バニラクリーム』は、おなじみの青色と、今までのイメージにはない黄色が印象的なパッケージ。“Milk’s Favorite Cookie”とのキャッチコピーがあるように、 “オレオのおいしい!たのしい!3ステップ”として、ミルクで食べる“Twist(ひねって)、Lick(なめて)、Dunk(<牛乳に>放り込む)”をオススメする説明書きがある。ちなみにヤマザキナビスコ時代はLick部分がScoopで、外した片方でクリームを”すくう”食べ方を推奨していた。

 
あわせて読みたい:新生『オレオ』、中国製になっていったい何が変わったのか、旧・日本製「オレオ」と食べ比べ比較検証!

 

ライセンス移行の際に賛否両論あった「オレオ」の中国産問題。『オレオ ゴールデン バニラクリーム』も、やはり原産国名は中国。ただし、日本産でないことに不安を抱く人のために、自社工場で製造していることがしっかりと明記されている。ちなみに2枚で109kcalと、油断ならないカロリーであることもお伝えしておく。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会