体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼルダ風アクションアドベンチャー『オーシャンホーン』 短いボリュームの中に詰まった「冒険の醍醐味」とは?

アクションアドベンチャーの草分け的存在で、国内外を問わず、根強い人気を誇る任天堂の『ゼルダの伝説』シリーズ。インディーゲームにおいても、ゼルダに影響された作品は数多く、今日に至るまで様々な派生作が誕生している。
image3

今回紹介するのは、そんな派生作の中で、特にゼルダ色の強い作品『オーシャンホーン 未知の海にひそむかい物』だ。フィンランドのインディーデベロッパー・Cornfox&Brosが制作し、2013年にiOS、Android用ソフトして発売された。

2015年にはWindows PC版がSteamにて販売。翌年、2016年のアップデートでMacにも対応した。更に同年、海外ではプレイステーション4、XboxOneのコンシューマ機へ進出。2017年には、ニンテンドースイッチ版の販売が計画されている。

スクリーンショットを見るだけでも、ゼルダから強い影響を受けているのが分かる今作。本編もまた、同作に対する敬意とアクションアドベンチャーの醍醐味を余すことなく注ぎ込んだ内容に完成されている。

ゼルダ全開なゲームシステムと冒険の醍醐味が詰まったレベルデザイン

image8
 
image10
 
はるか昔、世界に大災厄を招き、今なお生き続ける怪物「オーシャンホーン」。その怪物に息子が巻き込まれぬよう、旅に出た父親。息子である主人公の少年はそんな父親を捜し出すべく、オーシャンホーンの謎に迫る旅に出る…という形で今作は幕を開ける。

image11
 
ゲーム内容は敵と戦ったり、仕掛けを解いたりしながら進めていくアクションアドベンチャー。ストーリーに沿って世界各地に点在する「島」を訪れ、ダンジョンを探索したりしながら、オーシャンホーンに繋がる手がかりを探っていくというものだ。

image7
 
身も蓋も無く言うと『ゼルダの伝説』そのもの。厳密には『ゼルダの伝説 風のタクト』で、島を巡りながら進めていくところはそのまま同作を踏襲している。島を巡る際も船で大海原を渡るという、これまた同作をなぞったもの。航行の際に機雷、モンスターが行く手を阻み、それらを大砲で撃沈していく展開もあったりする。

image6
 
システム周りも、特に『ゼルダの伝説 時のオカリナ』以降のシリーズをなぞっており、盾による防御、ボタンごとにアイテムをセットするシステムなどが実装されている。フィールドマップもグラフィックこそ3Dで高低差があるが、基本は2Dの見下ろし視点の初期のゼルダ仕様。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。