ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロバート・ゼメキス監督、スティーヴ・カレル主演の新作映画が2018年11月に公開へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


米ユニバーサル・ピクチャーズとドリームワークス・ピクチャーズは、ロバート・ゼメキス監督によるスティーヴ・カレル主演の次回作の米劇場公開を、2018年の11月21日に設定した。

『Marwencol(原題)』という題名で製作中の本作は、手ひどく痛めつけられたのち、回復のプロセスを通じてユニークで美しい治療の出口を見つけた男の実話をベースにしている。

ゼメキスはキャロライン・トンプソンとともに脚本も手掛ける。

ユニバーサルに拠点を置くゼメキスの制作会社イメージムーバーズのスティーヴ・スターキーとジャック・ラプケが、ゼメキスとともにプロデュースする。本作の基になった2010年公開のドキュメンタリー作品を監督したジェフ・マルムバーグとジャッキー・レヴィーンがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

ゼメキスは最近になって、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の映画『ザ・ウォーク』を監督した。また、カレルは今年9月に米劇場公開されるFOX・サーチライト製作の映画『Battle of the Sexes(原題)』に出演している。

カレルはほかにも、ユニバーサル・ピクチャーズとイルミネーション・エンターテイメントによるアニメーション映画『怪盗グルー』シリーズで、グルー役を務めている。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。