体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

市販のラーメンを自分好みにカスタマイズしてみた【温・冷2パターン】

f:id:uralatokyo:20170409214947j:plain

私は、外食でラーメンを食べる機会がほとんどありません。

理由としては、猫舌なので食べるのに時間がかかってしまうのでお店にもほかのお客さんにも気を使うから。人と一緒なら食事をしながらおしゃべりができるようなお店に行きたいし、ひとりの場合はひとりでラーメン屋さんに入ろうと思うほどラーメン愛が強いわけでもないからです。

それでもときには生ラーメンが食べたくなるので、そんな日は市販の生ラーメンを買ってきて自宅で作るのですが、これが案外気に入っています。

麺もスープも、行列ができる有名店のようなこだわりはないかもしれませんが、好きな具を好きなだけ盛り放題、まさにマイラーメンが作れます。しかも人目を気にせず存分にふうふう冷ましながら食べられて(個人的にはここもかなり重要)、当然ながらひとりで食べることにも違和感なし。

そこで今回は温かいラーメンと冷たいラーメンの両方で、自宅でもこんなにラーメンの世界が広がるということを試してみたいと思います。

余談ですが、醤油ラーメンは幼いころから私の中では「魅力なし」に該当するものでした。乾麺でもまず食べません。外で食べる際も注文することは一切なかったのですが、数年前に喜多方を訪れた際、同行者の希望で喜多方ラーメンを食べたのです。 これこれ。

f:id:uralatokyo:20170409214648j:plain

その結果、私の中で「醤油ラーメン、魅力なし」が加速するという残念なことに。

しかしながら去年、再び喜多方を訪れる機会があり、別のお店で食べた喜多方ラーメンがちょっと驚くほどおいしかったのですよ。同行者のひとりも「喜多方ラーメンってあまり好きじゃなかたんだけど、これはうまい!」と絶賛していました。これこれ。

f:id:uralatokyo:20170409214717j:plain

そんなわけで、今でも醤油ラーメンを積極的に食べることこそないものの、「醤油ラーメンでもおいしいものはおいしい」ということを、身をもって知ったのでした。

さて、話を戻して、まずは温かいラーメンから

早速ラーメンを買いに行ったら、スーパーの生ラーメン売り場は半分がつけ麺でした。びっくりした! これから夏に向けては、つけ麺のほうが売れるということなんでしょうね。今回は温かいスープに浸ったスタンダードなラーメンを作りたいのでつけ麺はパス。麺とスープは個人的な好みで「太麺・味噌」としました。

具はこんなものをそろえてみました。すべて適量です。すごく盛りだくさん!

f:id:uralatokyo:20170409214618j:plain

[材料] ラーメン用野菜ミックス チャーシュー 味付けピリ辛メンマ 豚ひき肉 煮玉子 白ねぎ コーン わかめ にら

もう全部乗せ状態です。素敵です

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。