ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ホームレス問題に隠された実情? 社会問題を学ぶツアー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ホームレス問題に隠された実情? 社会問題を学ぶツアー
J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「TAKE ONE ACTION」。4月30日(日)のオンエアでは、日本が抱えるさまざまな社会問題を学ぶためのスタディツアー「トラベル・ザ・プロブレム」を紹介しました。

お話を伺ったのは、一般社団法人「リディラバ」代表理事の安部敏樹さんです。安部さんは異色の経歴で、高校のときに最下位の成績から東大に合格。現役東大生のときにオーストラリアでマグロ漁船に乗ったことがきっかけで、マグロ漁師に。その後、「社会の無関心を打破する」という理念を掲げて、24歳のときには史上最年少で東大で授業を行いました。

その安部さんが現在主宰している「トラベル・ザ・プロブレム」。さまざまなツアーが用意されている中、番組では「都庁の下から貧困を考える」というツアーを紹介しました。

「新宿中央公園には、昔から、ホームレス状態の方が多くいます。ホームレス状態になるのは、その人の自己責任だと思ってしまう人が多いんですが、実は社会の構造上の歪みみたいなところの中で、結果的に、ホームレスになってしまう人が多いんです。こういうことは問題を知らないとわからないので、実際に炊き出しをしてもらったり、ホームレスを支援している団体から話を聞いたり、ホームレスになっていく過程を学びます。そういったことを学んだ上でもう一度現場を見直すと、必ずしも自己責任の問題ではないことが分かります」(安部さん)

そのほか、ホームレス状態の方に健康状態を伺ったり、池袋のツアーでは段ボールを使って、実際に街で寝る体験もできるとか。

安部:一度ホームレスになってしまうと、社会復帰も大変で、健康状態や友人など、失ったものを取り戻さないといけないという点も学びます。ツアーに参加した方は、思っていたことと違うとか、自分もそうなる可能性があることを感じるそうです。
平井:他人事ではなく、自分事になってくるということなんでしょうね。

ツアーはほかに
・勝手に一日村長、檜原村 稼ぐ村作り
・府中の中心で古民家をリノベする
・夏野菜収穫体験 羽釜ご飯と夏野菜カレー作り
など、さまざまで、最近は地方からの参加者も増えているそうです。

ご自身の活動の今後の展望についてお聞きしたところ「社会問題は、自分が当事者意識を持たないと、その後のアクションにつながっていかないんです。テレビやラジオで知っただけでは、次の行動が起きません。知ったあとで、もっと行動を促していけるような、新しいメディアを作っていけたらと思っています」と安部さん。

また、「日本だけではなく、世界で扱っていくことを直近のマイルストーンにしたいと思っています」とのことでした。「トラベル・ザ・プロブレム」について、詳細はホームページをご覧ください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WONDER VISION」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。