体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方
2歳のお子様をお持ちの親御さんなら、「これもイヤ!あれもイヤ!」というような「イヤイヤ期」をご経験されている方も多いと思います。

“魔の2歳児”とも言われ、頭を抱えるこの時期はどうやって乗り切るべきなのでしょうか。

今回はイヤイヤ期の原因や乗り切り方などを医師に解説していただきました。

「魔の2歳児」と言われる理由

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方
1歳半から2歳ごろにかけ、「こうしたい、これは嫌」という自己主張が増えてきます。

ですが、まだ言葉や身振りでうまくコミュニケーションができず、要求を伝えられないため、かんしゃくが起こり、イヤイヤということが増えます。

また、大人がなぜこれをさせようとするのか、これは駄目という理由は何なのかが理解できないため、我慢をすることができず、イヤイヤやわがままに見える行動が生まれます。

この時点から3歳ごろまでの時期を「第一次反抗期」と呼びます。

イヤイヤ期の原因

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方

意志を持つようになった

2際になるまでは子どもは大人のするがままであり、何をすれば自分が楽しい・快適なのか理解できませんでした。

ですが、具体的な強い意志を持つようになり、さらにそれを伝えたいという意欲を持つようになったことの現れです。

■ 具体的な意志の例

「このおもちゃで遊んだら楽しいから、欲しい」

「このお菓子はこういう味がするだろうから、食べたい」

「この遊具でもっと遊びたい」

「この服ではなくあっちを着たい」

大人の事情や思考を理解できない

2歳の子どもには、大人が考えているような事情が理解できません。そのため気持ちが満たされず、泣きわめくしかないのだろうと思われます。

■ 大人の事情例

「何でもかんでも買ってやるわけにはいかない」

「もうすぐごはんだからお菓子はあげられない、栄養バランスを考えなくては」

「もう暗くなるから帰らないといけない」

「今日の外出先にこの服はふさわしくない」

■ 2歳児ができない思考

「お手伝いをするからこのおもちゃを買って」

「あと10分待てばごはんだから我慢しよう」

イヤイヤ期の特徴

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方

はっきりとした理由のないかんしゃくがある

「ごはん食べる?」に対しても「遊びたいなら食べなくていいよ」にも、どちらにもイヤと言ったり、いつもは喜んですることや、特に負担にならないようなこと(服を着るなど)でもイヤと言うことも多いです。

大人には理解できないこだわりを押し通そうとする

部屋は片付いているより散らかっていたほうがいい、物の位置を少し動かしただけで気に入らない、などです。

状況によって気分の変動がある

時と場合によってイヤイヤがひどい時と素直な時があります。お母さんが指示したことはやらないのに、お父さんが言うとすぐやるなど、相手を見ることもあります。

イヤイヤ期はいつ終わる?

【魔の2歳児】イヤイヤ期が大変!主な特徴と5つの乗り切り方
思考能力と言語能力が発達する3歳ごろにおさまることが多いとされていますが、個人差が大きいです。

イヤイヤ期の乗り切り方

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会