ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

路上に設置された赤外線ストロボとカメラで、スピード違反者を自動的に撮影する無人式のスピード取り締まり装置の総称がオービスです。よくオービスが「ピカッと光って撮影された」と表現されますが、はたして何キロオーバーで作動するのでしょう? オービスの取り締まりについて詳しく見ていきます。

オービスが速度違反で発光する瞬間

そもそもスピード取り締まりには有人式と無人式の2タイプがあります。有人式とは、警察官が現場で速度違反を取り締まるタイプ。ネズミ捕りやパトカーによる追尾などの方法で取り締まります。

そして、無人式と呼ばれるのがいわゆるオービスです。速度計測に電波を使うレーダー式とHシステム、道路に埋め込まれたコイルで計測するループコイル式とLHシステムの4種類。赤外線ストロボとカメラで違反者を撮影します。

オービスが速度違反で発光する瞬間は、交通ルールを守っている限りに遭遇することはありません。ところが、YouTubeにはオービス発光の瞬間をとらえた動画が多数存在。オービスの発光を確認することができます。

オービスが悪質な速度違反車を撮影

無人式といわれるとおり、オービスの取り締まり現場に警察官はいません。オービスは極めて悪質な速度違反車を撮影するというのが通説です。それが赤キップの速度違反、一般道だと30キロオーバー、高速道だと40キロオーバーといわれます。

というのも、交通違反の点数は6点以上で免許停止処分。一般道の速度違反は時速30キロ以上50キロ未満で6点、高速道では時速40キロ以上50キロ未満で6点です。これが極めて悪質な違反車の基準といわれています。

ただし、オービスが作動する速度違反というのは、あくまで一般知識レベルとしての話でしかありません。そもそもスピード違反は違法行為です。くれぐれも交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。