ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Linuxカーネル 4.12にマージされる予定のARMプロセッサ用パッチが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

メインラインの Linux カーネル 4.12 のマージウィンドウが開く前に、ARM プロセッサにおける同カーネルバージョンにマージされるパッチの内容が公開されました。arm-soc ツリーの共同メンテナーである Arnd Bergmann 氏は、既にサブメンテナーから受け取った各種パッチをメインラインにマージする準備を完了させており、arm-soc ツリーにマージする予定のパッチから次のようなことが確認できました。Linux 4.12 では Jetson TX2 開発ボードに搭載されている NVIDIA Tegra186 / Parker SoC や Exynos 5433 を含む Samsung Exynos ARMv8 SoC のサポートが継続しており、Rockchip RK3328(Cortex-A53 クアッドコア)や LS2088A と LS1088A SoC の初期サポートが追加されています。また、I2SE i.MX28 Duckbill-2 などの新しいボードのサポートも追加されています。Linux 4.12 のマージウィンドウは 39 日の夜から 2 週間の日程でオープンする予定です。Source : kernel.orgPhoronix

■関連記事
魅惑の塗るだけ液晶保護シート「リキッドアーマー Plus」のレビュー
Amazon、有料アプリが無料で使い放題の「Amazon Underground」を終了へ
Daydream用「YouTube VR」アプリでごろ寝視聴を可能にする小技

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。