ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Daydream用「YouTube VR」アプリでごろ寝視聴を可能にする小技

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スマートフォンで VR ヘッドセットを使用すると 360 度の動画を視聴できますが、それだけではなく、動画をハンズフリーで視聴できることから、ソファーやベッドなどにごろ寝している場合でも、楽な姿勢で YouTube を楽しむことができます。この記事では、Daydream 対応の YouTube アプリ「YouTube VR」でごろ寝スタイルの視聴環境を再現するための小技を紹介します。YouTube VR の機能を利用するだけなので、難しい操作はありません。YouTube VR は Daydream View などの VR ヘッドセット向け YouTube アプリ。動画の検索から再生までの全ての操作を VR モードで行います。360 度動画専用のタブなど、一部に通常の YouTube アプリにはない機能を備えていますが、基本的な使い方は変わりません。スマートフォンを Daydream View などの VR ヘッドセットに装着して仰向けに寝ると、YouTube VR アプリの UI は意図した天井の方向ではなく、足元の方に表示されてしまいます。これではごろ寝視聴ができません。そこで、コントローラーを使って UI や動画プレイヤーの位置を動かします。実はこんな操作が可能だったのです。YouTube VR の動画プレイヤーや UI はコントローラーのタッチパッド(長押し)で掴んで移動させることができるので、この仕組を使って足元の位置から天井の方向に移動させると、仰向けの状態でも自然な姿勢でごアプリの操作や動画の視聴が行えるようになります。ごろ寝視聴で困っている場合にはぜひお試しください。

■関連記事
魅惑の塗るだけ液晶保護シート「リキッドアーマー Plus」のレビュー
Amazon、有料アプリが無料で使い放題の「Amazon Underground」を終了へ
Linuxカーネル 4.12にマージされる予定のARMプロセッサ用パッチが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。