ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

つわり、お腹のサイズ、お産の進み…1人目と全く違うけど、余裕があった2人目出産

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161031171434j:plain

初産から2年が経過したころ。めでたく2人目を妊娠しました。

初めて妊娠をしたときの喜びが蘇ります。

2回目の妊娠と出産は、どんなものになるのだろう。

このとき、意外と不安よりも楽しみの方が大きかったです。

初産では楽しみより不安が大きかったはずなのに、こういった気持ちが持てるのは経産婦ならではと思いました。一度経験したことに自信が持てたからです。

1人目妊娠時はつわりがほとんどなく、比較的楽に妊娠初期を過ごしました。

きっと今回も同じように、つわりの症状に悩むことはないかな。そう思い込んでいました。

ところが、突然の吐き気。まさかと思いながらトイレへ駈け込むと、そのまま嘔吐をしてしまいました。

もしかしてつわり?

最初は半信半疑だったのですが、それ以降も同じように不快症状が続きました。

1人目妊娠時とは、まったく違う体の状態に驚くばかり。

お腹が空くのに、ご飯を見ると胸がムカムカする…。思うように食事が摂れなくて辛かったです。 関連記事:水分はノンアルコールビール限定だったことも…。3人産んで3回ともつわりが違う!

経産婦と言えども、経験したことのない症状が現れると不安になります。また初産に比べてお腹も大きく膨らんでいます。

妊娠24週ごろには、周囲から「もうすぐ産まれるの?」と言われるくらいのお腹のサイズ。

実際に赤ちゃんの体重も平均より大き目でした。1人目は平均以下で小さかったのに…。

腰痛や肩こりに悩むのも初めてでした。楽だと思っていた経産婦の妊娠時期は大変なものに。初産と経産婦の妊娠症状は違うということを実感しました。

いよいよ出産当日。陣痛が10分間隔になった午後9時ごろに入院しました。

経産婦は出産の進みが早いと聞いていたので、出産こそ楽になるかな?と、経産婦ならではのメリットがあることを信じ、お産に臨みました。

すると、聞いていた通りお産の進行が早い。陣痛間隔がどんどん縮まります。

翌朝の出産になると思っていたところ、なんと2時間後に出産。想像以上に楽な出産となり、とても嬉しかったです。

もう一つ経産婦のメリットを感じたのが、会陰切開をせずに出産できたことです。

一度出産を経験していることもあり、会陰の伸びが良くなっていたようでした。私にとって、これが一番嬉しかったことかもしれません。

初産では会陰切開をしたため、歩きづらく座るのも痛かったです。会陰切開をしなかったことで、そういった辛い思いをせずに済んだのが幸いでした。 関連記事:自然分娩、なめてました! 2人目出産は陣痛も破水もお産の進みも、全てが大違い

妊娠と出産を一度経験していることで、気持ちに余裕を持てることが経産婦の最大のメリットだと思いました。

もちろん出産に対する不安がゼロではありません。しかし、なにごとも「経験」をしたことが次のステップに生かされることを強く感じたんです。

この体験で、仕事や趣味など今まで踏み入れたことのない分野に挑戦してみたいと思うようになりました。

経験が人を成長させる。このことを今後も忘れないようにしたいです。

f:id:akasuguope01:20161028175011j:plain

著者:ビロード

年齢:36歳

子どもの年齢:5歳と3歳

やんちゃ盛りの5歳男児とおっとりした性格の3歳女児を育てています。子どもが何歳になろうと、育児の悩みは尽きないものだな~と感じる毎日を送っています。2人目の出産直前までフルタイム勤務をしていたため、仕事と育児の両立の大変さも経験。現在は専業主婦であり、働くママと専業主婦両方の大変さを身に染みて感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初産だからと自宅待機していたら…パニック!「墜落産」で救急搬送された息子と私
コマ送りのように撮って正解! 出産当日の写真で、母になった日の気持ちを追体験
予定日を過ぎて陣痛促進剤をつかうことに…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。