ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ベランダ菜園、初心者は何から始めるべき?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ベランダ菜園、初心者は何から始めるべき?
J-WAVEで放送中の「ALL GOOD FRIDAY」のワンコーナー「CHOYA NATURAL BEAUTY」。4月28日(金)のオンエアでは、お休みの稲葉友に代わり、DJ TAROがLiLiCoと共にナビゲート。有限会社タカ・グリーン・フィールズ専務取締役で園芸家の深町貴子さんに、“春から育てるベランダ菜園”について伺いました。

■春は夏野菜とハーブが◎

この季節は苗が育ちやすい上に、GW中に種まきや苗を植える人が多いため、園芸店には種類豊富な苗が揃っているそうで、野菜ならトマト、ナス、ピーマン、キュウリの苗などの夏野菜がお店に出回っています。

深町さんがその中でもオススメするのは、育てやすいミニトマト。また、今年の夏も猛暑が予想されるため、暑さに強いゴーヤや、気温が高くなることで元気に育つ、バジル、セージ、イタリアンパセリ、ルッコラなどのハーブもオススメだそうです。

LiLiCoもバジルなどをベランダで育てており、DJ TAROはなんと那須高原の畑で野菜を育てているそうです!

■育て方のコツは「逆算」

深町さんによれば「植物の栽培を考えるときは、逆算で考えると良い」のだそう。

「実ができるものというのは、その前に花が咲きます。花を咲かせるにはそれだけの多くのエネルギーが必要で、エネルギーの源というのは太陽と水と空気ですよね。ですから日当たりの良いところで育てて、苗が小さいときには水やりを少し控えめにして、根っこに『水はどこかな?』と求めさせて、しっかりと根を張らせます。土を乾かすことでたくさんの空気が入るんです。

花が咲いたら、今度は実を大きくするために、水と肥料が必要です。植物の成長を想像しながら育てると上手に育ちます」(深町さん、以下同)

この解説に二人は納得。「根は24時間呼吸をしているので、水をあげすぎると土の中で溺れてしまって根腐れを起こしてしまうんですね。土が乾いている時間も大事ということですね」とDJ TARO。「男も育てられないからさ、どうしたらいいか分からない」とこぼすLiLiCoは、なんとベランダのプランターに急須で水をあげているそうです(笑)。

そんなベランダ菜園は、植物は毎日成長するので、変化する姿がとても楽しいと深町さん。

「朝起きてカーテンを開ける度に、毎日異なる景色が楽しめます。朝起きるのがきっと楽しみになると思います。しかも食べることができて、食べて元気をもらうことができる。そんな、生活に密着して楽しめるところが、野菜やハーブの魅力だと思います」

あなたの日常をちょっと豊かにするベランダ菜園、ぜひ今日からチャレンジしてみませんか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。