体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』タリーズなのに苦くない!? 新機軸・氷水出しコーヒーが登場!

夏に向けてどんどん美味しくなっていく冷たい缶コーヒー。今回はスペシャルティコーヒーショップチェーン「タリーズコーヒー」のバリスタが監修した『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』を紹介する。近年流行の水出し(COLD BREW)を超える氷水出しコーヒー。さて、その味わいは?

よりすっきり、苦味を抑えた汗だく時の一気飲みに適した爽やか系サマーコーヒー!

コーヒーの美味しさは熱い・冷たいがあり、苦味系、酸味系と分かれる。夏が近づいてくると、きりりと冷えたコーヒーがどんどん美味しくなる。近年はペットボトル入りのコーヒーもあるけれど、やはりキンキンに冷えやすいのは缶。中でも自動販売機でがっちり冷やされた缶コーヒーは格別。


ただ自販機にしてもコンビニの棚にしても、缶コーヒーの主流となっているのは圧倒的に酸味系の美味しさを目指したもの。昭和の時代は確かに喫茶店でも酸っぱいコーヒーがメインだったからわかるが、今はカフェが主流の時代。中でもスターバックス以降、タリーズも含めて、エスプレッソを得意とするコーヒーチェーンが台頭して来てからは苦味系が店舗で味わうコーヒーのメインになったはず。

 

なのに近年キリンが新「ファイア」で苦味系メインに大きく舵を切った以外は圧倒的に酸味系コーヒーが缶コーヒーでは主流。次に来るのは酸味と苦味のバランスのとれたタイプ。みんなそんなに苦いコーヒーは嫌いなのだろうか。苦いコーヒー大好きな記者からすれば、”このレモン、酸っぱい!”というくらい不思議な感じに思うのだが…。


そんな缶コーヒー市場の中で記者が少し離れた自販機に足を伸ばしてまで飲みたくなるのが「TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK」。無糖缶コーヒーの中でしっかり苦味をメインに据えた本格缶コーヒーだ。ところが今回なんと、”すっきり苦味を抑えた”伊藤園『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』(390ml缶・希望小売価格 税抜150円・2017年4月3日発売)が登場した。タリーズよ、お前もか!? という気持ちで飲んでみた。

 

苦味系を好む人にはおすすめできないが、これが市場の好みなのだろうか…!?

『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』の特徴は、湯ではなく水で長時間かけて抽出するタイプの水出しコーヒー(COLD BREW/コールド・ブリュー)の進化版・氷水出し(ICED BREW/アイスド・ブリュー)だという。こんなの初めて、である。水出しコーヒー自体は抽出方法や時間でとろりとさせたり、すっきりさせたりも自在で、いろいろな楽しみ方があって、記者もたまに飲みたくなる美味しい淹れ方。それが氷水になるとどうなるのか。


タリーズ缶コーヒーならではの、香料不使用はそのまま。実際にキャップをひねっても、コーヒーの良い香りを実現しているのがすごい。そしてゴクゴクと飲んでみる。


すっきり、爽やか、飲みやすい。誰にでもきっと、飲みやすい。しかし、苦いコーヒー好きとしては圧倒的に物足りない。苦味が抑えられたぶん、やはり酸味が前に出てきて、フルーティーではあるのだが、苦みばしった部分を求める苦党にはすっきりさが過ぎる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会