ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

三上博史が10代の頃に影響を受けた寺山修司の言葉とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
三上博史が10代の頃に影響を受けた寺山修司の言葉とは?

日本有数の巨大新聞社が販売部数の低迷を受けて身売りを画策。外資を率いて買収を狙う一人の日本人が新聞社に突きつけた驚くべき要求とは――。

4月30日よりWOWOWで放送開始予定の『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』は、既存メディアの衰退、ネットニュースの隆盛、フェイクニュース問題など、日本のメディアが大きく揺れている昨今の状況を完全に網羅した社会派ドラマだ。

その主人公であり、ドナルド・トランプを彷彿とさせる苛烈な経営者・青井聡太を演じるのは、俳優の三上博史さん。『連続ドラマW 下町ロケット』では夢を追う中小企業の社長を演じた三上さんが、正反対ともいえる役柄をどのように演じるのか期待がかかる。

今回は主演の三上さんと、作家で『社長室の冬』の原作者(集英社刊)である堂場瞬一さんの対談が実現。

ドラマ&原作『社長室の冬』について、今のメディアについて、そしてお二人の「本の読み方」と「想像力」の話について、たっぷりとお話をうかがった。

(新刊JP編集部/金井元貴)

■堂場「インターネットが頑張っていないから新聞が残っている」

――まずは三上さんにお話を伺いしますが、青井という人物についての第一印象はどうでしたか?

三上博史さん(以下敬称略):ものすごく格好好い役だなと。僕はどちらかというと格好悪い役の方が得意で(笑)、這いつくばったり、打ちひしがれたり、女々しいほうが役として入りやすいので、これは難しそうだと思いました。

堂場瞬一さん(以下敬称略):青井はすごく強い性格ですからね。

三上:しかも自分の人生を表に見せないから、難しさを感じましたね。

堂場:特に途中までは、ドラマを見ている方々は青井をドナルド・トランプと重ねるでしょうね。そこから後半で印象がどう変わるか。

三上:そうですね。後半で一気に彼のナイーブな部分が出てきます。もともと原作の小説では青井が主人公ではないのですが、そういう(背景を表に出さない)理由もあって堂場先生はこの男を主人公にしなかったんだろうと思っていました(笑)

――原作では買収先の大手新聞社「日本新報」の若手社員・南(福士誠治)が主人公でした。堂場さんにとっては、青井がメインになったことに意外性があったのではないですか?

堂場:もともとこの作品は映像化されないだろうと思っていたので、ドラマ化自体が意外でした。ただ、全体的にキャラクターを濃く描いていないので、人物についてはいじくりようがあるだろうなと思いましたね。

――とにかく声をあげて自分の考えを押し通していく青井は、堂場さんのおっしゃる通りドナルド・トランプ大統領と重なりました。

三上:でも、プロデューサーが何かにつけて青井とトランプを重ねるので、実は取材される時に困るんですよ(笑)。トランプを引き合いに出せば(記事を)書きやすいのは分かるんだけど、僕はトランプの真意や本当の性格を知らないですから。

ただ、にっちもさっちもいかない状況で、こういう強い人があらわれたら、救いを求めてしまう気持ちは分かります。「今すぐ変える!」と言われたら、それは支持しますよね。

――その意味では、フェイクニュース問題を含めて2017年の空気をかなり取り入れているドラマになっているのではないですか?

三上:僕は世間に疎くて、普段は必要最小限の情報しか取り入れないんです。だから、こういう役が来ると自分なりに(社会を)研究をするのですが、背景にさまざまな問題が広がっていて奥深いなと思いましたね。

フェイクニュースに関しては送り手だけではなく、受け手側も考えないといけない。個人がどのようにモラルや正義を持つかという話でもあるし。

堂場:そういう意味では、20年前はインターネットがもっと良いものになると思っていました。でも、今の状況をみると、アラン・ケイ(*1)は泣いているんじゃないかな。

紙のメディアがなくなるという話はもう20年前からあって、僕もそうなると思っていたんですよ。でも、意外となくならない。インターネットは意見発表の場としては革命的でしたが、既存メディアに変わるほどニュースの掘り起こしができていない。ネット発のニュースがどんどん出てくれば、新聞はもっと衰退していたと思います。

(*1:「パーソナルコンピュータ」という概念の発明者)

三上:今はインターネットの環境が良くなっていくための過程を辿っているんじゃないですか?

堂場:そうじゃないと困るんだけど、実際の状況はあまり良くないよね。

――『社長室の冬』は堂場さんにとってメディアをテーマにした3部作の最終巻にあたりますが、その全体のテーマが「劣化」でした。最近では「マスコミ」を「マスゴミ」と呼ぶなど視聴者からの批判の声が高まっていますが、その点についてはどのようにお考えですか?

堂場:マスコミ批判については、以前から存在していたのだと思います。ただ、インターネットによって見えるようになり、批判の声も上げやすくなっているだけでしょうね。

三上:でも、批判の声は本当に多くなりましたね。僕たちは表に出ている人間だから叩かれるのは仕方ないけれど、例えば番組をつくっているプロデューサーまで叩かれるでしょ? 裏方なんだから勘弁してあげてと思う時もあります。

堂場:バックグラウンド側の人を表に出そうという動きもここ20年くらいのものですが、それが叩かれやすい状況を演出しているんでしょうね。

三上:なんだか世知辛さを感じますね。

■三上「普通の生活に対するもやもやした憧れがあるんですよね」

三上:堂場さんはものすごい勢いで小説を書かれていますよね。仕事時間とかはもうルーチン化されているのですか?

堂場:そうですね。公務員みたいな生活ですよ(笑)。今日は仕事を中抜けしているので、予定が狂っている感覚があります。

――三上さんはお仕事とお仕事の間のインターバルを設けることはあるのですか?

三上:ありますね。1年間空いたりするときもあります。

堂場:久しぶりの仕事となったとき、勘が狂ったりしないんですか?

三上:実はそうなんですよ(笑)。ちょっと前までは、すぐに現場に乗れたんですけど、今は時間がかかるようになりましたね。苦しいけれど仕事はやり続けたほうがいいのかなと思うようになりました。

でも、普通の生活に対するもやもやした憧れがあるんですよね。地方の名も知られていない町の、田んぼに囲まれたアパートの2階の奥の日当たりの良い角部屋に住むのが夢なんですよ。それで、軽自動車で家に帰ってきて、カンカンカンカンと階段をのぼっていって、家の中でお茶を淹れながら日向ぼっこをするんです(笑)。

誰も自分のことを知らず、表札も出せるという生活にすごく憧れがあります。限りなく近いやり方をすれば、海外でアパートを借りて住んで、友だちができてきたら別の街に移動するみたいなことになるんでしょうね。高等遊民みたいな(笑)

堂場:それは良い言葉です。でも、国内だとばれますよね。

三上:ばれますね。僕は15歳のときからこの仕事をしているから。

堂場:僕の場合、電車で自分の顔が載っている中吊り広告の下にいても、誰も気付かないから(笑)。

三上:それは良い立場ですよ(笑)。

堂場:でも若干悲しいですよ。みんなスマホを見ていますからね。誰も人の顔を見ていない。

――少しお二人に読書のお話について伺いたいと思います。近年は「本離れ」の話もよく聞かれるようになりましたが、堂場さんは本を読むことの意味、メリットについてどのように考えていますか?

堂場:読書は想像力を鍛える場だと思います。自分にはまったく関係ない世界に没入できるし、文字だけしかないから自分で想像をして補わないといけない。だから僕は想像力を広げるために海外の作品しか読まないようにしています。

日本の作品はなんとなく想像できてしまうけど、海外の作品は本当に知らない世界が書かれているときもあるから、それを楽しんでいますね。

――三上さんは役者というお仕事柄、「想像力」は台本を読む際に必須の力だと思います。

三上:今の堂場先生のお話はまさにそうだと思います。想像力ですね。台本の場合は、小説よりも情報がそぎ落とされていて、ト書きという最小限の動作を指示するものはあるんだけど、まずはそこに囚われないようにしています。

セリフは決まっているから、これを使ってどこまで遠くに行けるかということを想像するんですよ。例えば、敵が去って行くシーンで、バン!と机を叩いて「コノヤロー!」と言う。ト書きには、「机を叩く」という指示があるのですが、そのときの背景や状況、人物像などを想像した上で、もし叩いたら(演じる役が)弱く見えてしまうなら、ト書きすらも外してしまうんです。

「2人で対峙して話している」という指示も、実際はその距離によってまったく変わります。そこは本当に想像力ですね。

僕は15歳で寺山修司の劇団に入りました。彼は僕が20歳の時に亡くなったので、晩年の5年間しか知らないし、2人で親しく話したこともないけれど、「どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない」という彼の遺した言葉は印象的です。手法やテクニック、既成の考え方はまず捨てなさい。なんでもありというところから始めなさい。そういうことを教わった気がしますね。

――三上さんは小説を読むと、たくさんの想像を張り巡らせそうですね。

三上:仕事柄、小説しか読まないかな。想像できるし、想像しないと楽しめないから。でも、ドラマに入る時は映画と小説を断つんですよ。読むだけならいいんだけど、想像力が加わると(その小説の世界から)逃げられなくなっちゃう(笑)

堂場:役者さんの小説の読み方は気になります。

三上:そういう意味では、役者は最も良い小説の読者かもしれないですね。

堂場:私たち作家は想像してほしいんですよね。自分が書いた以上のことを想像してもらえると、すごく嬉しい。役者さんはいろんな想像をしてくれるから嬉しいです。

三上:自分の気持ちを置いて読み込むという習性が身についているから、「この登場人物が嫌い」というのが一切ないんですよ。

堂場:よく、小説の登場人物に感情移入できないということを言われるけど、僕はそれでいいと思うんです。自分と違う人を知りたいから読むわけで、感情移入するためにあるものじゃないから。

三上:そういう意味では、日ごろのうっぷん晴らしのために読んでいるパターンはあるかもしれません。慰められたいとか、共感したいとか。

堂場:そういうのはあるかもしれないですね。『社長室の冬』は誰にも感情移入できないように書いているので、感情移入できる人は、どこか歪んでいるのかもしれません(笑)

――三上さんは本を一気に読んでしまうタイプですか?

三上:僕は基本的には時間をかけますね。なめるように読んでいきます。5ページずつ読んでいくときもあるし、でも、一気にいっちゃうときもありますね。

堂場:あ、最後まで読んじゃった!っていうこともあるよね。

三上:あります。それは本当に幸せなことですよね。

堂場:時間がいつの間にか経っていた読書って幸せなんですよ。

――堂場さんは読書の時間をどのように取られているのですか?

堂場:僕はジムで自転車を漕いでいるときに読みます。

三上:自転車ですか! 電子書籍を読んだりしてるんですか?

堂場:普通の単行本ですね。以前は通勤のときに読んでいたんですが、今は通勤がないので、ジムの中でまとめて時間をとって読んでいます。

――では、4月30日スタートのドラマ『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』について一言お願いします。

堂場:日本のドラマは組織をテーマにしたものが多いですが、「組織とはこういうものだ」というセリフは負けた人が言うんですよね。ただ、このドラマはそうではない。その意味ではアメリカライズなドラマなのかもしれません。ただ、その一方でドライな解釈もできない。

三上:つまり、「いいところ取りのドラマ」ですね。

(了)

■「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」

4月30日(日)スタート(全5話)

毎週日曜 夜10:00(※第1話無料放送)

公式HP:http://www.wowow.co.jp/dramaw/shacho/

【関連記事】

元記事はこちら

難関資格にビジネス成功 目標達成のためにやるべきたった一つの成功法則

初心者はまずここから!投資家マインドを育てる「ブックメーカー投資」とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。