ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

EXILE ATSUSHI、Charとコラボした「人間の証明のテーマ」&2ndアルバムをアナログ盤で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

EXILE ATSUSHIがCharを招き制作した名曲カバー「人間の証明のテーマ」の7インチアナログ盤が6月28日(水)にリリースされることが発表された。また同日にはソロ2作目のアルバム『Music』の12インチアナログ盤も発売となる。
7インチアナログ盤『人間の証明のテーマ』 (okmusic UP's)
「人間の証明のテーマ」は1977年に岡田茉莉子・松田優作主演で公開された名作映画『人間の証明』の主題歌として故・ジョー山中氏が歌唱した名曲。ことし4月に『人間の証明』がテレビ朝日系ドラマスペシャルとして新たに映像化された際、「人間の証明のテーマ」のカバーを主題歌に起用したいと考えたテレビ朝日ドラマ制作陣がATSUSHIへ歌唱をオファー。ジョー山中氏と原曲への敬意をもって受諾したATSUSHIが、生前の氏と親交が深くライブでも多数共演していたCharに参加を依頼したことで夢のコラボレーションが実現した。

なお同曲はドラマのオンエアに合わせてすでに配信限定でリリースされているが、今回の7インチアナログ盤には新たにレコーディングされたCharによるギター・インストゥルメント・バージョンが特別収録されることも明らかに。同バージョンの制作はアナログ盤のリリースにあたりATSUSHIが熱望し実現したもの。Char自身が『ジョーがよく私のギター1本で唄いたいと云ってくれた、思い出深い曲』と語る同曲を哀愁に満ちたアコースティック・ギターで奏でており、日本が世界に誇るミュージシャンが亡き友に捧ぐ名演は全音楽ファン必聴の内容だ。

さらに、EXILE ATSUSHIソロ2作目のアルバム『Music』のアナログ盤も同日にリリースされる事が決定。『Music』には大ヒット・チューン「MELROSE ~愛さない約束~」をはじめ、フジテレビ系ドラマ『医龍4~Team Medical Dragon~』主題歌の「青い龍」、日本を代表するピアニスト・辻井伸行と共演し被災者への想いが込められた「それでも、生きてゆく」、映画音楽界の巨匠・久石 譲との奇跡とも言える共演作品「懺悔」など、ATSUSHI渾身の全15曲を収録。またCDでは初回生産限定盤のボーナスディスクのみに収録されたEXILE第一章時代の“感動必至”のセルフカバーと、清木場俊介との「fallin’」「The Impossible Is Real ~My Lucky Star~」の5曲も完全収録される。合計全20曲を12インチアナログ盤3枚に収録し、豪華トリプルジャケットに収めたフルボリュームの永久保存盤はファン必携のアイテムとなりそうだ。

【リリース情報】
7インチアナログ盤『人間の証明のテーマ』/EXILE ATSUSHI & Char

2017年6月28日(水)発売

AQK1-77305/¥1,600+税

<収録内容>

■SIDE A

人間の証明のテーマ / EXILE ATSUSHI & Char

■SIDE B

人間の証明のテーマ / Char

12インチアナログ『Music』/EXILE ATSUSHI

2017年6月28日(水)発売

AQJ1-77310~12/¥4,500+税

<収録内容>

■Side-A

1 MAKE A MIRACLE

2 Colorful Love

3 MELROSE ~愛さない約束~

4 Real Valentine

■Side-B

1 道しるべ

2 それでも、生きてゆく / EXILE ATSUSHI & 辻井伸行

3 懺悔 / EXILE ATSUSHI & 久石 譲

4 LA LA ~孤独な夜に~

■Side-C

1 青い龍

2 Interlude

3 ふるさと

■Side-D

1 煌きの歌

2 赤とんぼ

3 愛燦燦

4 ALIVE feat. m-flo

■Side-E

1 Choo Choo TRAIN

2 Eternal…

3 砂時計

■Side-F

1 fallin’ / EXILE ATSUSHI & 清木場俊介

2 The Impossible Is Real ~My Lucky Star~ / EXILE ATSUSHI & 清木場俊介

12インチアナログ『Music』 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。