ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フィンランドの代表的な料理&スイーツ27選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

皆さんはフィンランドを訪れた経験がありますか?大自然が魅力の国・フィンランドは、幻想的なオーロラやサンタクロース、自然と調和したサウナ発祥の地としても知られています。

観光はもちろん楽しみだけど、やっぱり旅といえばグルメも欠かせません。フィンランドの食事は、美味しい素材を活かした素朴な料理が多いのが特徴で、大自然の恵みを受けた木の実やキノコ、また魚介類を使った料理もよく見られます。

今回は、そんな魅力溢れるフィンランドの代表的な料理とスイーツを27選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年4月の記事に追記しました。(2017/09/05)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

フィンランドの食事事情

photo by shutterstock

さて、北欧の国らしく物価がなかなか高いフィンランド。特に外食は高くつくので、フィンランド人であっても普段は外食せず、自炊する人が多いです。

マクドナルドなどのファーストフード店は比較的値段が安く、4~8ユーロほどで食べられます。また移民がオープンしているピザやケバブレストランも安価で、7ユーロほどでお腹いっぱい食べられます。予算を抑えめに旅したいという方は、民泊をして自炊したり、これらのファーストフード店などを利用して食費を浮かせましょう。

さらにフィンランドは、実はちょっと珍しいグルメの宝庫です。トナカイ肉や世界一マズイと評判(?)のサルミアッキなど、他の国ではなかなかお目にかかれない食べ物に挑戦できます。私は初めてサルミアッキを口にした時、鰺が衝撃すぎて食べられませんでした…。
 

ベストフード

Leena Heinoさん(@leeanhei)がシェアした投稿 – 2017 8月 12 4:09午前 PDT

私が是非おすすめしたいのは、他の国ではあまり食べられないトナカイのお肉を使ったシチューです。シチューといっても、私たちが想像するものとは違い、マッシュポテトの上にトナカイの肉の煮込みがドーンとのっています(ボリューミー!)。

しかしながらトナカイの肉は高タンパクで低カロリーなので、いっぱい食べても安心!私もはじめは慣れませんでしたが、食べているうちにどんどん好きになりました。

 

1.キャセロール

photo by shutterstock

クリスマス料理の定番!キャセロールは、炒めたニンジンとご飯にバターと砂糖を入れて、オーブンでこんがりと焼きあげたものです。香ばしい匂いが食欲をそそります。

 

2.カーリラーティッコ

photo by shutterstock

キャベツ、ひき肉、ご飯をオーブンで焼き、シロップや生クリームで甘く味付けして食します。またこれらの他に、北欧でポピュラーなコケモモのジャムを添えることもあるそうです。

 

3.ニシンの酢漬け

Kirsimarjutさん(@kirsimarjut)がシェアした投稿 – 2017 3月 4 7:12午前 PST

油で揚げたニシンを、ニンジン、タマネギなどの野菜とともに酢漬けしたものです。フィンランドの夏の定番メニューで、酢漬けしたものをマスタードソースに絡めていただきます。

 

4.ロヒケイット

photo by shutterstock

ジャガイモ、ニンジンなどの野菜とサーモンをミルクで煮込んだフィンランドの伝統料理です。とろ〜り口の中でとろけるサーモンがおいしい!野菜もたっぷり食べられるので、健康にも良いですよ。

 

5.レイパユースト

Noora Lさん(@sodaeh)がシェアした投稿 – 2016 11月 10 2:21午前 PST

牛のミルクから作られたマイルドな味のチーズです。また牛だけでなく、トナカイやヤギのミルクを使用することもあるそう。フィンランドの朝食には欠かせないもので、目玉焼きと一緒に食べます。ベリージャムや生クリームを添えて、スイーツ感覚で食べることもあるそう。

 

6.リハプッラ

photo by shutterstock

ホワイトソースをかけて食べるミートボールです。マッシュポテトや甘酸っぱい紫キャベツのピクルスなどと一緒に食べます。非常にポピュラーなメニューなので、ぜひお試しあれ◎

 

7.カーリカーリュレート

@liisakonがシェアした投稿 – 2017 3月 14 10:25午前 PDT

フィンランド風!コケモモのジャムをかけて食べる甘いロールキャベツです。日本では、ロールキャベツといえばトマトやコンソメで煮込みますが、フィンランドではバターとシロップをかけてグリルで焼きます。

一口にロールキャベツといっても、日本のものとは全く味が違いますよ。

 

8.カレリアンピーラッカ

photo by shutterstock

ライ麦で作ったパイ生地でミルク粥やジャガイモなどを包み、焼き上げた料理です。ミルク粥の代わりに、マッシュポテトや、ゆで玉子を刻んでバターを混ぜたものなどを挟むこともあるそう。

 

9.トナカイのシチュー

@ousmouがシェアした投稿 – 2017 3月 21 10:38午前 PDT

北欧ではトナカイのお肉はとてもポピュラーで、高タンパクで低カロリー、さらにビタミンやミネラルも豊富に含まれているそう。シチューという名前ですが、実際は汁気のあまりない薄切り肉の煮込みで、マッシュポテトとともにいただきます。

 

10.キノコシチュー

Sanna Kovasiipiさん(@sannakovasiipi)がシェアした投稿 – 2016 3月 18 6:03午前 PDT

様々な種類のキノコをホワイトソースで煮込んだ料理です。ヤマドリタケ、アミガサタケなど、日本ではあまり馴染みのない珍しいキノコを使うことも多いです。茹でたジャガイモとともに食します。

 

11.カルヤランパイスティ

photo by shutterstock

フィンランド・カリヤラ地方発祥の伝統的家庭料理です。牛肉を野菜とともに煮込みオーブンで焼いたもので、クリスマスやパーティーなどお祝いごとがあるときに食べられる定番メニューです。

関連記事リンク(外部サイト)

本場の味を堪能♡イタリアで食べられるピザ17選
デンマークの代表的な料理11選
マレーシアの代表的な料理&スイーツ16選
次の”プレミアムフライデー”はどこへ行く?若手社員が福岡でリア充トリップしてきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。