体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好きで「貧乏旅」を続けていたら、いつのまにかそれが仕事になっていた。

生活・趣味
好きで「貧乏旅」を続けていたら、いつのまにかそれが仕事になっていた。

「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?

仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがないくらい。

でも本当は今にでも出発したい…。

そんな中途半端な気持ちを一掃してくれそうなインドのバックパッカーがいます。2014年、できるだけお金をかけずに始めたAakash Ranisonさん(21歳)の旅は、形を変えながら今も続いている。

自転車で約20,000km

Ranisonさんは、主にサイクリング・ヒッチハイク・ウォーキングで旅をしている。デリーやムンバイなど、多くの場所に自転車で行き、走行距離はなんと約20,000km。

ヒッチハイクでは、インドの北から南まで50,000km以上、80を超える街々へ行った。また車がつかまらない時は、早朝や夜遅い時間帯に何時間も道路を歩き、歩行距離は5,000km以上にもなったという。好きで「貧乏旅」を続けていたら、いつのまにかそれが仕事になっていた。好きで「貧乏旅」を続けていたら、いつのまにかそれが仕事になっていた。

ムンバイからゴアへ行く途中の風景。

自然と周りの環境が
変わってきた

「旅を続けることによって、多くの人たちが僕に連絡してくれて、多数の会社がスポンサーとして名乗り出てくれるようになったんだ

旅をするにしても、もちろん使えるお金があるのとないのとでは、やはり全然違うだろう。しかし、Ranisonさんは今でも初心を忘れてはいないという。

「コストをカットしたり、抑えたりすることを心がけているよ。なぜかって?そうすることで、予期しない冒険ができるからね

好きで「貧乏旅」を続けていたら、いつのまにかそれが仕事になっていた。

インドールからチェンナイまでの道中、立ち寄った海で。

仕事を夢にするのではなく
夢の中から仕事を作る

Ranisonさんが、旅の途中で出会った人たちに「夢はなんですか?」と聞くと、エンジニアなど、職業に当てはめた答えが返ってくることが多いそうだ。そんな時、自分自身にも問いかける。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会