ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ウェス・アンダーソン監督の映画『Isle of Dogs(原題)』、ポスターと公開日を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月25日(現地時間)、ウェス・アンダーソン監督による映画『Isle of Dogs(原題)』の新作ポスターと劇場公開日が発表された。米劇場公開は2018年4月20日となる。

このアニメーション作品には、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラムなど、アンダーソン作品の常連に加え、個性派俳優としてお馴染みのブライアン・クランストン、リーヴ・シュレイバーといったスター陣が、声優として勢ぞろいする。日本を舞台に、失踪した愛犬を探す少年の旅がストーリーの中心となる。

ポスターは、赤色の大きなタイトル文字を含めて、すべて日本語訳が添えられている。

ストップモーションによる作品の構想自体は平凡なものに聞こえるかも知れないが、当然、ウェス・アンダーソン監督による独特で創造的な作品になることは間違いない。12月に公開されたビデオでは、犬が話すことが明らかにされた。

ポスターには5匹の犬が登場しているが、どの俳優がどの犬の声を演じるかはまだ分かっていない。犬たちは服を着ているように見える。恐らく、表題の島が高度な犬の文明の本拠地のようだ。また、墜落した戦闘機と、空に浮かぶパラシュートを装着したパイロットが立っている。この男が犬を探している少年かどうかは、定かではない。

本作のヴィジョンは日本の黒澤明監督による作品や、ランキン・バスのストップ・モーション作品、クリスマス・スペシャルに影響されたとアンダーソンは語っている。

『Isle of Dogs(原題)』は、ティルダ・スウィントン、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、コートニー・B・ヴァンス、ヨーコ・オノらも出演し、インディアン・ペイントブラッシュがプロデュースする。

同作は FOX・サーチライト・ピクチャーズが配給を担う。ポスターはこちら。



カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。