ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

音楽のある生活が胎教になっていた!? 夫のライブで体を揺らす生後半年の娘

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161031162941j:plain

私たち夫婦は同じバンドのメンバーとして出会いました。結婚してすぐに妊娠したのですが、当時の私は胎教にはやや否定的といいますか、ごく自然にありのままに任せておけばいいんじゃないかという気持ちでいましたので、妊娠が分かった後もそれまでと同じような生活をしていました。

自分たちのライブをしたり、別の人のライブを見に行ったり・・・。今思えば音楽との関わりは他の人よりも多かったように思います。特別胎教などと意識もせず、ただ好きな曲を聴いたり歌ったりと日々を過ごし、胎動を感じ始め妊娠7か月になった頃、私は主人のライブを見に行きました。

主人たちの演奏が始まると、それまで大人しかった娘が突然お腹をポコポコと蹴り始めたのです。私はびっくりし、そして嬉しくなって心の声でお腹に話しかけていました。最初の曲が終わると、それまでちょこちょこと感じていた胎動がおさまりました。「寝ちゃったのかな?」と思い、意識をライブに向けていると、今度は別の曲で胎動が始まります。どうやら曲に好みがあるようでした。 関連記事:モーツァルト、モーツァルト、ひたすらモーツァルト!兄妹、それぞれの胎教の効果は… by フクミー

そうしてある曲でギターのソロが始まると、何とまるでリズムに合わせるかのようにポコポコ、ポコポコ、とお腹を蹴りだしました。終わってから主人やメンバーの人達に話すと、みんな笑っていましたが、私は驚きを隠せませんでした。

そして、娘を出産した後、我が家では絵本よりも歌を聴かせる事の方が自然でした。そして生後半年、初めて主人のライブを見に連れて行った時の事です。他の曲では目立った反応をしなかった娘が、ギターソロになるとリズムばっちりとまではいきませんでしたが、明らかに音楽に合わせて体を揺らし始めたのです。

この時の出来事を見て、私は自分が思っていた以上に子供はお腹の中で周りの音をよく聞いて、そして覚えているんだなと気づきました。母親である私の声、父親である主人の声、そして様々な音や音楽。胎教と言われると、生まれる前からお勉強させるみたいでなかなか受け入れられなかったのですが、成長の中で興味を持つものを増やす一つの手段なのかもしれません。すると、私がずっと音楽を聴かせていたもの胎教と言えるのだろうと思いました。

そんな娘も2歳を過ぎて、歌は益々上手になりいつも一人で保育園で習ってきた曲や私が歌ってあげる童謡などを歌っています。そして、楽器にも興味を持つようになり小さいピアノを弾いたり、主人のドラムの太鼓やウクレレの弦を弾いたりして遊んでいます。もっと大きくなったら、他にも興味がわいてくるのだろうけど、お腹の中で聴いていた音楽が娘の将来のなにかしらの芽になればいいと思います。 関連記事:妊娠中のオーケストラ活動で幸せな胎教!お腹の中でちゃんと聴いてくれたかな?

f:id:akasuguope01:20161030231332j:plain

著者:りっきぃ

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳

2歳の娘と7歳年上の主人を持つ主婦です。最近外で働き始めて、家事と育児と仕事のバランスを取るのに苦労しています。最近娘がお手伝いをしてくれるようになりました。まだまだ出来る事は少ないですが、子供の成長が感じられて楽しい日々を送っています。今はセーラームーンにハマっている娘の変身を影からコソッと覗いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

何年も弾いていなかったピアノ。胎教のために再開したら、驚きの癒し効果が!
妊娠中のオーケストラ活動で幸せな胎教!お腹の中でちゃんと聴いてくれたかな?
お腹の中の我が子に、英語を聴かせたい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。