ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Daydream Viewのコントローラーがどうしても再接続・再ペアリングできない場合の対処法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google の VR ヘッドセット「Daydream View」は VR ヘッドセット本体と Bluetooth 接続のモーションコントローラーで構成されており、様々な Daydream 対応スマートフォンで使用することができます。汎用製品のため様々なスマートフォンで使用できるのですが、付属のコントローラーの Bluetooth 接続やペアリングで頻繁に問題が発生します。この記事ではどうしても再ペアリングが上手くいかない場合の対処法ヲ紹介します。私が体験した Bluetooth 問題というのは、Daydream View を 2 台のスマートフォンで使用した場合に 一方のスマートフォンで再度のペアリングや接続が何度トライしても完了しなかったことです。シチュエーションを紹介すると、もともと Moto Z で使用していた Daydream View を、今度は Google Pixel とペアリングして使用デバイスを変更したのですが、Google Pixel での使用を止めて、再度 Moto Z で使用するべく再度のペアリングを実行したのですが、ここでコントローラーが全く検出されず、再接続はもちろん、再度のペアリングもできなかったのです。この問題を解消するために、コントローラーのリセット(ホームボタン + メニューボタンの同時長押し)や Daydream アプリの再インストールなどを試しましたが、全く解消しませんでした。そこで私が試したのは「Google VR サービス」アプリの初期化です。システム設定で「アプリ」セクションに入り、「Google VR サービス」の「データを消去」を行うと状況が大きく変わり、今度は問題なく再ペアリングを完了させることができました。しかし、Google VR サービスを初期化すると、Daydream アプリが最初からやり直しとなるので、リモコンのチュートリアルをまた見なければなりません。それでもこのまま使用できないよりもはるかにマシです。もし、私と同じような問題に直面し、どうしても上手くいなかい場合にはこの方法をお試しください。

■関連記事
近々発表されるOPPO F3の実機写真
上海問屋、円型コネクタで向きに関係なく接続できるMicro USBコネクタをマグネット式に変えるUSBケーブルを発売
Chrome OS 58 BetaチャンネルでAndroidの実行環境がAndroid 7.1.1にバージョンアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。