体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『手袋型メガネ拭き Lepica(レピカ)』スポッと手を入れて磨けるから楽々きれい、スマホだってピカピカ!

メガネ拭きでメガネを拭いていると布を持つ手がついつい触れてしまって汚れる。そこを拭いているとさらに別の場所が! という無限ループに陥ることも。しかし、そんな不器用な人間には、スポッと手にはめて磨ける『手袋型メガネ拭き Lepica(レピカ)』がある!

手袋型というかミトンの親指部分もない状態。さながらドラえもんの手感覚だが、内部で指を自在に使えてかえって使いやすい

株式会社ビジョンメガネ(大阪府守口市)の『手袋型メガネ拭き Lepica(レピカ)』(ポリエステル ナイロン・14×13cm・希望小売価格 税込600円・2017年2月25日発売)は、ジャケットのポケットを取り出したような形状。袋状になっているマイクロファイバー布の中に手を入れて使う。


実はこれ、ビジョンメガネが15年前に発売した大ヒット商品。今回久々のリニューアルで、8マイクロメートル(0.008ミリメートル)以下の極細マイクロファイバー繊維採用で、よりパワーアップした。なるほど、手に取るとマイクロファイバー特有のスルスル感はさらに極まって、しっとり感を感じるくらいの滑らかさ。これで細かいゴミや皮脂を拭き取ることができるとか。


それでは実際に使って確かめてみよう。デザイン・バリエーションはメガネ、迷彩、ブラック、トラッド、ネコの全5種あるが、今回はシックで誰にでも使いやすいブラックをチョイス。


メガネは確かにきれいに拭ける。不器用な人間だと拭いてるそばから指紋をつけてしまう無限ループに陥りがちだが、これは片手がすっぽり収まるので、メガネをホールドしている方の手だけに神経を集中して触らないようにすれば、簡単にきれいに磨き上げることができる。

単なる袋状布と思ってなめてはいけない。布地が柔らかいため、内部で指が自在に動かせて使いやすい。本当に手袋状の方がいいかと思っていたが、考えてみるとそれだと指先など磨ける布部分がかなり限定されてしまうから、この方が都合がいいのだ。

左が使用前、右が使用後。

デリケートなスマホ画面も極細マイクロファイバーで優しくしっかり磨き上げ。カメラのレンズにも使える!


皮脂や指紋などもスルスル取れるのであっという間にメガネはピカピカに。なるほど、こうなると他のものももっと磨きたくなる。繊維の細かさが極まっているので、カメラのレンズにも使える。あまり力を入れずにスルスルこするときれいになる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会