体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIYでリゾート空間に!究極の「ベランダ」の楽しみ方

DIYでリゾート空間に!「ベランダ」を楽しむお宅を訪問♪

ベランダは観葉植物を飾ったり、テーブル&チェアを置いてくつろいだりと、オープンリビングとしていかようにも活用できる場所です。そんなベランダを快適かつおしゃれな非日常空間に仕立てる「バルコニスト」や「ベランピング(ベランダ+グランピングの造語)」が、いまインスタをはじめSNSで注目されています。そこで、ベランダを満喫している女性のご自宅を訪問。DIYで素敵に生まれ変わったベランダで、どのような時間を過ごしているのか教えてもらいました。

室内より広い!リゾート感満載の70平米ベランダ

取材にご協力いただいたのは、田中夕子さん(44歳)。現在、夫と息子の家族3人で都内のマンションに暮らしています。大阪から上京した20代のころから、一人暮らしの部屋に観葉植物を飾るのが趣味だったそう。出産を機にファミリー向けの賃貸マンションに引越してしばらくしたころ、たまたま近所で見つけた広いベランダのある物件に夕子さんが一目惚れして購入を決断したんだとか。

「昔から熱帯植物が好きで、ずっと集めていたんです。だんだん増えてきて置き場所に困っていたので、いつか広いルーフバルコニーで育てられたらなと思っていました。4年前にこのマンションと偶然の出会いを果たしまして、住民の方もバルコニーで植物を育てているようなので、これはいいぞと。どんなベランダにしたいか具体的なことは考えていなくて、とりあえず『デッキを敷いて裸足で出よう』と、IKEAのウッドパネルを買ってきて敷き詰めるところからはじめました。それから、まずは植木を3鉢置いて……いつの間にかこんなに増えてしまいました」(田中さん、以下同)【画像1】ベランダの広さは約70平米。室内よりもベランダの面積のほうが大きいとのこと。ここだけまるでリゾートホテルのような異空間だ(写真撮影/飯田照明) 【画像1】ベランダの広さは約70平米。室内よりもベランダの面積のほうが大きいとのこと。ここだけまるでリゾートホテルのような異空間だ(写真撮影/飯田照明)【画像2】「植木の鉢がバラバラなのが気になる」と柵も手づくりした。IKEAで購入したウッドパネルは、茶色から白にペイントして明るい雰囲気に(写真撮影/飯田照明)

【画像2】「植木の鉢がバラバラなのが気になる」と柵も手づくりした。IKEAで購入したウッドパネルは、茶色から白にペイントして明るい雰囲気に(写真撮影/飯田照明)

ベランダに置かれている植物は多種多様ですが、セレクトは田中さんの感性の赴くまま。

「最近まではオーストラリアで生育している植物『オージープランツ』が好きで集めていました。フォルムがおもしろかったり、色が鮮やかだったり、ちょっと変わってるんですよね。たぶん、まだあまり流通していないと思うんですが、来年あたりからきっとたくさん売り出されると予想しています。ただ、年齢を重ねるごとに好きな植物のタイプが変わるなって実感していて近ごろはオージープランツからツツジなどの和の植物に関心が移ろいできています。もっと年を取るとおそらく盆栽に興味が湧くんだろうなって思ってます(笑)」【画像3】花に見えるユニークな形状の鮮やかな葉がひと際目を惹く「グレビレア」。こちらの植物は、オージープランツの代表格で細かく分けると約300種類くらいあるそう(写真撮影/飯田照明)

【画像3】花に見えるユニークな形状の鮮やかな葉がひと際目を惹く「グレビレア」。こちらの植物は、オージープランツの代表格で細かく分けると約300種類くらいあるそう(写真撮影/飯田照明)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。