体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き家だった150年前の祖父母の家を解体。古材を使って一戸建てを新築

空き家だった150年前の祖父母の家を解体。古材を使って一戸建てを新築

一時期、ブームにもなった「古民家再生」。建っているその場で修繕して使うケース以外にも、建物を別の場所に移動して建てる「移築」などが知られている。だが、古民家を家ごと移動させるのではなく、まだ使える部材だけ選び出して再利用するやり方もあるのをご存じだろうか? 今回は、35年間、空き家になっていたという祖父母の家の部材を使って家を新築したSさん夫婦の話を紹介。Sさん夫婦のケースは、空き家問題のヒントにもなりそうだ。

35年間、空き家だった祖父母の家は近隣に迷惑をかけていた

家に一歩入ると、目に入るのは、木、木、木……。Sさん宅では、柱、梁(はり)、床、一戸建てを構成する部材のどれもが、加工を施された後も、鮮やかな木目を見せている。なかでもひときわ目を引くのが、1階から吹抜けを見上げたときに目に飛び込んでくる、屋根裏の黒くて太い梁。Sさん夫婦の妻C子さん(65歳)の祖父母宅から運んできた、150年前の松の木だ。

「長野県上田市にあった祖父母の家は、祖母が亡くなった後、従兄が所有して、母が管理していたのですが、誰も住まなくなった空き家って、動物がすみついたりして、なかなか大変で。近隣に住む方々にも迷惑をかけてしまっていたので、これを片づけてあげたら、皆が喜ぶのではないかと考えていました」(C子さん)

そんな折、Sさん夫妻が住んでいた一戸建てもいよいよ古くなり、建て替えようかという話に。ちょうどそのころ、夫のKさん(69歳)も、仕事の関係から環境問題に関心が高まり、古民家再生や古材活用に興味を抱き始めていた。

「あるとき、会員として参加していた『NPO法人日本民家再生協会』の勉強会で、古民家再生を手掛ける『田空間工作所』のスタッフに、『家の建て替えに、妻の祖父母宅の材木を使えないかな』と相談してみたんです。すると、『できますよ』という答えが返ってきて、『それならやってみよう』ということに」(Kさん)【画像1】神奈川県中部、小田急線沿線の閑静な住宅街に建つSさん夫妻宅。建築費用は、設計費、ダイニングテーブルや椅子等の製作費を含めて3000万円台だった(写真撮影/片山貴博) 【画像1】神奈川県中部、小田急線沿線の閑静な住宅街に建つSさん夫妻宅。建築費用は、設計費、ダイニングテーブルや椅子等の製作費を含めて3000万円台だった(写真撮影/片山貴博)【画像2】敷地面積約285m2、建物面積約134m2と、首都圏ではゆったりとしたつくりのSさん夫妻宅。長い縁側は日当たりが良く気持ちが良い

【画像2】敷地面積約285m2、建物面積約134m2と、首都圏ではゆったりとしたつくりのSさん夫妻宅。長い縁側は日当たりが良く気持ちが良い

祖父母宅を解体して、リサイクル可能な部材を選別

祖父母宅の部材は、150年も前のもの。だが、解体する際にホゾ(土台などに刺すために凸状になっている部分)を抜いてしまう柱の再利用は難しかった一方で、梁は問題なく使えたのだと言う。Sさん宅の屋根の小屋組みに使われている黒い梁は、一番太いところ(元口)で直径40cm、細いところ(末口)でも直径30cmもの太さになるが、十分な強度を保っていた。

「“移築”ではなく、古材のみを再利用することにしたのは、地方の家屋は大きすぎて、ここ神奈川県では、そのままの規模で建てるのが難しかったから。さらにここは第一種住居専用地域なので、建ぺい率、容積率の制約もあり、部材もすべてが再利用できたわけではありませんでした」(Kさん)

再利用が可能なのにあえて使わなかった部材もあると言う。

「母が嫁いできた家なだけに、あの家で生きてきた人たちのいろいろな思いも染みついているような気がして……。複雑な気持ちがこもった場所のものは使わないようにしました」(C子さん)【画像3】写真左:2階に上がると、再利用した古材の丸太梁を間近に目にすることができる。写真右:玄関の上がり框(かまち)の床材も、祖父母宅で梁として使われていた松を削り上げたものだ(写真撮影/片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。