体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本語は有料】最後のあがき!?ギネスブックへの挑戦【英語は無料】

【日本語は有料】最後のあがき!?ギネスブックへの挑戦【英語は無料】 【日本語は有料】最後のあがき!?ギネスブックへの挑戦【英語は無料】

まずは、これを有名にしなければならない。

有名にしてしまえば、奇特な方々が買ってくれるかも!

有名にするにはどうすれば良い?

そうだ、世界を狙おう!

「世界一のガム」という称号を得られれば

とにかく有名にはなるだろう。

世界一になるには、つまり、

ギネスブックに載れば良いだろう!

【日本語は有料】最後のあがき!?ギネスブックへの挑戦【英語は無料】

…で、ギネスブックに載るにはどうすれば良いのか?

とりあえず「ギネス」「申請」というキーワードでググってみると

このサイトに行き着いた。

日本語でギネスに挑戦する手順が説明されている。

それによると…

ステップ1 ・・・ ユーザー登録を行う。

ステップ2 ・・・ ウェブフォームから挑戦したい記録を申請する。

※英語無料申請、日本語プレミアムサービスの2つの方法がある。

ステップ3 ・・・ ウェブ申請後、本部からメールで届く同意書を確認し、問題が無ければ署名してファックスか電子システムにて署名を送付。 

※署名された同意書が届くまで審査はできませんので、ご了承ください。

※申請記録が認められない場合もありますので、ご了承下さい。

※有料の申請をされても、記録が認められなかった場合は、返金できませんのでご了承下さい。

ステップ4 ・・・ 記録が受け付けられた場合は、担当者からガイドラインを入手

ステップ5 ・・・ 記録に挑戦

※認定員を依頼した場合は、その場で審査・認定し、公に対する正式な記録達成のアナウンスが可能

※認定員を呼ばない場合は、証人が必要。また、ガイドラインにそった証拠物(映像、画像等)をとっておく。

ステップ6 ・・・ 証拠物を認定委会で審査

※審査に数ヶ月かかる場合もある。

ステップ7 ・・・ ギネス世界記録に認定された方には、認定書が届く

重要なところは

[ステップ2]申請する方法によって料金と申請期間が変わるということ。

英語で申請すると無料だが申請の結果が出るまでに1〜2ヶ月掛かるが

日本語で申請すると3営業日以内に結果が出る代わりに1000ポンド(約13万円程度)掛かる。

私にはそんな金は無いし、英語も出来ない。…そういう場合はこちらにお世話になると良いです。

全体の流れとしてはこちらに纏められているので、本当に申請する場合には参考にして欲しい。

ところで、「ギネス世界記録」として認定されるには様々な基準があり、

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。