体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「濱田窯」初代のお蔵出し作品を公開販売! ヴィンテージや復刻モデルも

hamada-aruhinomasiko_002 濱田庄司作品

価格:20万円(税抜)

2017年4月28日(金)から5月7日(日)まで、東京・新宿のfennica STUDIOにて「濱田窯・在る日の益子」が開催されています。

濱田窯は1930年に栃木県益子町で開かれた作陶工房。柳宗悦とも交流が深く、日本民藝館の二代目館長も務めた濱田庄司を初代として息子の濱田晋作と篤哉、そして三代目となる濱田友緒らが代々作品を作り続けています。

昨年、濱田庄司が最初に構えた長屋門工房が展示ギャラリーとして再活用されることが決まり、工房へ保存していた品々の公開販売が始まりました。

前回fennicaで行われた公開販売では二代目にあたる濱田篤哉作品と濱田窯のヴィンテージ作品が登場しましたが、今回はいよいよ初代・濱田庄司作品もお披露目されるそう。

加えて、まだ残されていた濱田篤哉作品や現当主の濱田友雄作品、初代作品の復刻モデルのなどお蔵出しから新作まで幅広いラインナップが展開されます。

手廻し轆轤でつくるシンプルな造形と大胆に釉薬を使った野趣溢れる柄。日本の陶芸に大きな影響を与え、今なお多くの人を惹きつける濱田庄司の作品を直接見て、触れて、手に入れられるチャンスをお見逃しなく。

hamada-aruhinomasiko_003 濱田庄司作品

価格:20万円(税抜)

hamada-aruhinomasiko_004 濱田窯オールドヴィンテージ6寸皿

価格:3500円(税抜)

hamada-aruhinomasiko_005 濱田篤哉8寸皿

価格:2万円(税抜)

hamada-aruhinomasiko_006 濱田篤哉マグカップ

価格:1万円(税抜)

hamada-aruhinomasiko_001

濱田窯・在る日の益子

期間:2017年4月28日(金)~5月7日(日)

会場:fennica STUDIO

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

北の住まい設計社 名古屋で小さな蚤の市「Liten Loppis」今年も開催
日本未発売モデルも! 北欧オーディオ「vifa」のポップアップショップ登場
鈴木マサルコラボの動物園! ファミリアから 67種類の限定バッグが登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会