体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキる人になりたければ、「ネガティブ思考」をうまく活用しなさい

f:id:kensukesuzuki:20150222113518j:plain

何を隠そう、あらゆることに対して「ネガティブ思考」の代表と言って過言ではない【修羅ガール】です、こんにちは!

私、障害のハンデがあるだけに、ネガティブ=不安と常に戦い、「どうしたらもっとうまく立ち回れるか」、相手が「どんな人なのか」を見る目だけは鍛えられてきました。

そんな修羅ガールがたくさん見てきた「とにかく仕事がデキる!」人たちの共通点……それは「ネガティブ思考」!

実はネガティブ思考ってそう悪いことばかりではないのです。

今回は、ポジティブ思考に疲れや違和感を感じる人、そしてしつこくつきまとうネガティブ思考を何とかしたいと思っている人へ、少しでも快適に、そして心が軽くなるヒントをご紹介できたらと思います。

仕事がデキる人の

「ネガティブ思考回路」のヒミツ

たまに「めちゃくちゃ仕事がデキて、かっこいいなと思う人」っていませんか?

そもそも、人はどういう時に「この人デキる!!」と思うのでしょうか。

人によって感じ方の程度はあれど、共通して言えることの代表格としては「ミスが少ない」、「仕事が早い」、「気が利く」、「お客さん対応が神がかり」などが挙げられると思います。どうしてそのようなことが出来るのか?……そうです、ここにこそ「ネガティブパワー」が存分に発揮されているのです。

要するに、デキる人を突き動かしている源にネガティブ要素、つまり「不安」が付きまとっています。例えば、下記のような「不安」が、そのまま行動に表れているのです。

「不安」なので何度も確認をする、明日のプレゼンや会議などに備え入念に準備をしておく、遅刻しないか「不安」なので早めに家を出る

=ミスの少なさにつながる 怒られることが不安で怖いから、起こりうる悪いパターンをいくつか想定しておく

=お客さん対応が神がかり 早く、気持ちよく仕事をしたいし、モメる・トラブるのが怖い

=相手の立場を考えられるから気が利いて、全体的に仕事がスムーズに進む

デキる人は上記のように、「怖がりで不安症」な人が意外と少なくないです。ミスを全くせず完ぺきな人などいませんが(人間だもの)、1度やらかしたミスに対しては強烈な「不安」がインプットされるため、同じ失敗を繰り返しにくい傾向にあります。

しかし、巷には「何事もポジティブ思考の方が良いに決まっている!」という声の方が実際は多いかもしれません。もちろんそれが有効なシーンもありますが、実は仕事上において、「ポジティブ思考」は使い方を間違えると、大きな欠点にもなりうるのです。

なんでも「ポジティブが良い」は実は間違い!?

良い意味でとらえられがちな言葉であるポジティブを紐解く、「楽観的」と「気にしない」というキーワード。

楽観的というのは良くも悪くも細かくはないので、それゆえに 少々「無計画」な部分があります。これが遊びや旅ならば、行き当たりばったりを楽しむことも出来るのですが、仕事となるとどうでしょう?

「まぁー、大丈夫でしょ」、この言葉が緊張を緩和する言葉として使うのではなく、仕事内容全般に渡ると、実は結構困ります。

例えば、プレゼンの前や会議の前。この言葉を連発しがちな人は慎重さに欠けることが多いです。当日になって次々と発覚する誤情報や不足情報、つまらない凡ミス、クライアントとの想定問答の準備不足・・・などをたくさん誘発します。

「何故怒られたのか分からない」

ポジティブ思考がやりがちなこと

f:id:kensukesuzuki:20151007091541j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会