体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発毛を目指すなら頭の洗い方から見直そう!発毛促進する洗髪方法

発毛を目指すなら頭の洗い方から見直そう!発毛促進する洗髪方法
最近、抜け毛が増えたなと感じている人は、髪の洗い方に問題があるのかも?髪の毛が生えるメカニズムはあるので、今一度見直して見ましょう。

発毛効果のある洗髪方法について、詳しく解説をしていきます。

発毛を意識した頭の洗い方

1:発毛にいい洗い方、頭皮を蒸らす

お風呂に入ってすぐに頭を洗うと、頭皮の毛穴が開いておらず、毛穴の中の皮脂をきれいに落とすことができません。そのためまずは頭皮を蒸らし毛穴を開いて、洗髪の下準備をする必要があります。

2:発毛にいい洗い方、たっぷりのお湯を使って頭全体を濡らす

髪の毛や頭皮全体が濡れていなければ、シャンプーを使用したときに十分に洗い落とされない、行き渡らないといったデメリットが発生します。

使いすぎてしまうぐらいのたくさんのお湯を使い、もみあげ、後頭部、前髪とその生え際すべてをシャンプーを使う前に濡らしてください。

3:シャンプーの使い過ぎは髪の毛を痛めてしまう危険性がある

シャンプーの使い過ぎは、頭を洗い流すときの流し忘れや髪の毛を傷める原因になります。シャンプーは適量の使用を心がけてください。

髪の毛が短い方はシャンプーを手のひらに10円サイズ、長い方は500円サイズの量が適量です。

4:発毛にいい洗い方、爪を立てずにマッサージをするように頭を洗う

髪を洗うときは爪を立てて頭皮や髪の毛を傷つけるようなことは避けて、頭全体を揉みこむように洗うことで、血行を良くすることが可能です。

頭を洗うときは頭皮の皮脂を洗い落としながら、温かいお湯をたくさん使う時ということもあり、頭の健康を維持するための最適な条件がたくさんそろっています。

そのため洗髪時に同時にマッサージを行うことは頭皮に対しとてもいい影響を与えることにつながります。

5:発毛にいい洗い方、たくさんのお湯を使って洗い落とした後は、優しく拭きとる

たくさんのお湯で頭全体のシャンプーを洗い流した後は、タオルで強く頭を拭くのではなく、タオルをのせて水分を吸収させるような優しい拭き方を心がけることにより、

洗髪後の頭皮と髪の毛に対するダメージを減らすことが可能です。

ドライヤーを使うときは、髪の毛が完全に乾くように使うことで髪の毛と頭皮に必要な水分まで飛ばしてしまう危険があるため、少し水分が残るように使う時間を調整してください。

効果のある育毛剤を活用しよう

口コミを参考にして自分に最適な育毛剤を選ぶ

ハゲてしまう理由は人それぞれであり、その理由によって使う育毛剤や発毛剤を選ばなければ十分な効果を期待することはできません。

店頭に並んでいるものをコストパフォーマンスだけを考えて買うことは失敗のリスクにつながります。

そのため買うときは必ずインターネットの口コミサイトなどの情報をみながら自分にあった最適の育毛剤を選ぶことが重要です。

実際に使用した人の声と自分の状況があっているものを探し、自分にとって最適なものを選ぶことで、失敗のリスクを最大限に減らすことができます。

また、育毛剤に頼り切るのではなく、正しい洗髪を行う必要もあります。

発毛効果のある栄養を摂取

発毛と食べ物の関係

髪の毛とは自分が食べたもので作られるものであり、体内に髪の毛を作るために必要な栄養素がなければ髪の毛をはやすことはできません。

育毛剤などで頭の血行を促進したところで、重要な栄養がなければ育毛剤の効果を最大限に発揮することは難しくなります。そのためきちんとした食生活は育毛において重要なポイントになります。

育毛効果のある食べ物について

育毛効果のある食べ物は基本的に健康的な和食全般です。ビタミンは皮膚の新陳代謝を促進させ、たんぱく質は人間を構成する皮膚や内臓などを形成するために必要不可欠な栄養素です。

これらは緑黄色野菜、お味噌や納豆、海藻類、卵などに含まれます。ほとんどは和食の朝食として食べられるものが多く、これらを取り入れるだけでも十分に髪の毛を作るための栄養を供給することが可能となります。

頭皮環境を良くしておかなければ、栄養を摂取しても効果は期待できない?

頭皮にふけなどがたくさんたまると、髪の毛が伸びることができなくなり、体の内側から栄養を供給しても髪の毛が育たなくなる危険があるため、洗髪を怠らないようにする必要があります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。